定期預金比較のまねぞう > 預金のニュース > ペイオフ+定期預金

ペイオフ+定期預金

皆さんは、一つの銀行にいくらぐらい預けていますか。

今の日本は大銀行と言われているようなところでも、平気で経営破綻する時代です。
銀行に預金しているお金は、破綻したらそのお金はどうなっちゃうのでしょうか。

一般的な会社であれば、会社が倒産してしまうと債権者は残っている財産から支払うことになります。ただ、倒産するぐらいですので、全額支払える体力は残っていません。
銀行もこれと同じで、破綻していますので預金が全額返ってくる保証はどこにもありません。

ただ、銀行はペイオフという保険制度を導入しており、銀行が破綻しても最低限の保証をしてもらえるようになっています。

ペイオフとは

ペイオフは、日本語で預金保険制度と言い、万が一銀行が破綻した時に預金を補償してくれる制度です。これは、日本に本店を構えている金融機関に法律で義務付けられている制度で、銀行だけでなく信用金庫や信用組合、労働金庫などに該当します。
もちろんゆうちょ銀行も対象になっており、大抵の人の預金が該当すると思われます。

ただし、このペイオフで補償される金額は預金全額ではなく、一人あたり1000万円までとなっています。普通預金や定期預金などが対象となっており、それ以上の金額については返金されない可能性があるのです。

ペイオフ対象外の金額はどうなるの?

例えばですが、普通預金で500万円、定期預金で600万円を一つの銀行に入れていたとします。その金融機関が破綻してしまった場合には、まず普通預金からペイオフでは補償となりますので、500万円とその分の利息が返済され、さらに定期預金の500万円とその利息が補償されます。

ただ、定期預金の残り100万円はペイオフの補償対象外となっているため、破綻した時の状況によっては消えてしまう可能性があるのです。
詳しく内容について説明しましたが、要は1000万円を超えた分に関しては、一切保証がないということなのです。

よって、1000万円以上の預金を持つ人は、万が一を考えるのであれば、一つの金融機関に全額を入れるのではなく、1000万円を目処に複数の金融機関を利用する方が安全なのです。

賢い預金の方法としては、普段いつでも使えるような普通預金は、日常で使いやすい金融機関を利用し、ネット銀行などの金利が高い金融機関で定期預金を利用して、少しでもお得に資産運用するのが得策ではないでしょうか。

過去の事例

日本振興銀行が、過去には経営破綻しました。そして、政府はこのことをきっかけに、初めてペイオフを実施したのです。当時テレビなどの取材に応じた70代の女性は、2000万円の預金をしており、当然ながらペイオフ発動により、1000万円はドブに捨てることになってしまったのです。

同様に破綻によって多くの財産を失った方が多くいて、これをきっかけに銀行に対する国民の考え方が大きく変わったのです。

色々と説明しましたが、銀行への預金で保証される金額は、最大で1000万円までということだけは、頭に入れておきましょう。

よく見られている関連記事

  • 今話題の楽天銀行 急速に広がる楽天銀行、なぜ? 数年前からネット銀行が急速に広まっています。その理由として金利が高い、24時間いつでも利用可能、振込手数料などが安いといった色々なメリットがあ […]
  • インフレと定期預金 預金はインフレに勝てないと言われています。 今インフレがずっと続いており、世の中の人々は、生活が大変になり消費を控える方が増えています。少しでも節約、収入を増やそうと考えて […]
  • 銀行預金すると逆にお金を支払うことになるかも 欧州中央銀行では、マイナス金利を導入するといった極めて異例な事態が起きています。 デフレに陥ることを防ぐための苦肉の策とも言えますが、金融政策の1つとして導入したのです。つ […]
新生銀行