FX比較のまねぞう > FXのコラム > Fxの会話ででてくるl、s、yとは何か

Fxの会話ででてくるl、s、yとは何か

fxでは、様々な略語が飛び交います。

 

特にfxに関する掲示板やブログなどを見ていると、略語のオンパレードで何を行っているかわからないときがあります。
例えば、「ポンドをlしました」とか「円をsしました」、また「ドルをlしようと思ったけど結局yした」というようなことです。これらは一体何の意味なのでしょうか。

 

imagesまず「ポンドをlしました」というのは、「ポンドをロングした」ということになります。

 

ロングというのは、fxでは買いのポジションということですので、「ポンドをlした」というのは、「ポンドの買いポジションを保有した」という意味になります。

 

「円をsしました」は「円をショートした」ということです。ショートとは言っても、決して円が壊れてしまったわけではありません。
fxではショートは売りのことを意味します。つまり「円を売りポジションで保有した」ことをいうのです。

 

では、「ドルをlしようと思ったけど結局yした」というのは何でしょうか。
これは「ドルを買いのポジションで保有しようと思ったが、結局ポジションは保有しなかった」つまり何もしなかったということです。
ポジションを保有しないことがなぜ「y」なのかは分かりません。

さらに発展としましては

資金の全てを投じてポジションを保有することを、これらのアルファベットを使ってこう表現します。ロングに突っ込むことを「全力l」、ショートに突っ込むことを「全力s」といいます。

 

そして「全力y」という言葉もあります。全力をもって見守るというのはあまりよく分かりませんが、とにかくその意気込みだけは伝わってきます。

 

もちろん、ポジションを保有しない限り利益は生まれませんので、まずはポジションを保有することがfxのスタートです。

 

しかし、明らかにトレンドに逆行したポジション保有でははじめから利益がでないのは明らかです。また、どちらに転ぶか分からないトレンドの場合には、無理にポジションを保有することをせず。

よく見られている関連記事

  • 他に年収のあるサラリーマンがfxをすると税金が高い

    最近では、様々な人がfxを始めています。   サラリーマンや自営業者といったほかの仕儀とをしている人たちが始めている場合もありますし、専業主婦のように他の収 […]続きを見る
  • 運と実力を混同した人がfxでたどる末路とは

    正直な話   どんなことにも「ビギナーズラック」というのはあります。   プロ野球の世界でも、プロ初打席でいきなりホームランをかっ飛ば […]続きを見る
  • Fxには基本的に板情報がない

    株式の取引とfxの取引は   似ているようではありますが、実は違いがあります。 株式取引の場合には全てが取引所を介して行われています。   […]続きを見る
外為オンライン 株とFXの違い スマホでFX
FXのはじめ方