FX比較のまねぞう > FXのコラム > レンジ相場が崩れるとfxではトレンド相場になる

レンジ相場が崩れるとfxではトレンド相場になる

外国の為替、つまり通貨を扱う上において

 

その通貨が変動相場制を採用しているのであれば、通貨の価値が上がったり下がったりすることは避けられません。
外国為替を対象とした取引であるfxは、通貨の価格が上がったり下がったりすることによって利益を得ることができます。

 

通貨の価値が下がっているときに購入をして、通貨の価値が上がったときに売却をすれば、同一通貨内での為替差益を得ることができます。

 

imagesfxにおいて通貨の価値が上がったか下がったかを判断するのに有効なツールが、チャートです。心電図のような形をしていますが、心電図ではありません。

 

一般的なチャートでは、横軸が時間軸となっており、左から右に行くほど最近の時間となります。
縦軸は価格の変動を表すもので、チャートによって上に行くほど安くなるか高くなるかは異なります。

 

fxで為替差益を得るためには

購入した通貨を適切な時期に売却をしなければなりません。
そのため、一般的なチャートではある程度上昇傾向が続くと、利益を確定させるための売りが発生します。

 

するとやがて、線は下降線をたどっていき、今度はどんどん下降傾向となります。
そしてある程度下降線となると、今度はチャンスとばかりに通貨の買いに走るのです。

 

これを繰り返すと、相場の線は波打ったような線となります。これは売りと買いが均衡している状態であり、このような相場展開のことを「レンジ相場」といいます。
波打つことで多少の変動はあるものの、それらを平均すると押しなべて相場は安定している状態のことです。

 

しかし、いつまでもレンジ相場が続くわけではありません。何らかのきっかけによって、このバランスが崩れることがあり、レンジ相場が壊れることをレンジブレイクと言います。

 

レンジブレイクとなると、相場は売り一辺倒、もしくは買い一辺倒の急激な上り調子、あるいは下り調子となります。このような相場の動きはレンジ相場の対極にあるものであり、「トレンド相場」といいます。

よく見られている関連記事

  • Fxの舞台から強制退場させられないために

    銀行の預金とは異なり、fxには元本保証はありません。   元本保証がないということは、fx取引をしているうちに、大損をしてしまうこともありえます。その結果、 […]続きを見る
  • 初心者も中級者も、fxの勉強会に参加しよう

    fxはばくちではありません。   fx相場の値動きは、しっかりとした根拠によって動いています。 そしてその値動きを読むためには、しっかりと勉強をしないとい […]続きを見る
  • 他に年収のあるサラリーマンがfxをすると税金が高い

    最近では、様々な人がfxを始めています。   サラリーマンや自営業者といったほかの仕儀とをしている人たちが始めている場合もありますし、専業主婦のように他の収 […]続きを見る
外為オンライン 株とFXの違い スマホでFX
FXのはじめ方