FX比較のまねぞう > FXの基礎知識 > フィボナッチ数列はfxにも生きている

フィボナッチ数列はfxにも生きている

学校時代に数学だけは苦手だったというのは、

 

文系人間ならば誰しも思うことでしょう。理系科目の中でも、物理や生物であれば、
まだ自分の身の回りにありそうなものですので興味もわきそうなものですが、特に高校の数学となると、これを学んだところでなんの役に立つのかというものばかりです。

 

そんな高校の数学で登場したかもしれないのが、「フィボナッチ数列」です。
この数列は、イタリア人のレオナルド・フィボナッチという人によって提唱されたものです。具体的にはどのような数列なのかというと、「1、1、2、3、5、8、13」というような数列のことをいいます。

 

何だか規則性のない数列ですが、これには立派な規則性があるのです。

a0002_003670まず、「連続する2つの数字の和はその次の数になるということです」。
1たす1は2、2たす3は5ということで、確かにそのとおりです。

 

また、「どの数字も1つ後の数字で割ると0.618に近づく」という規則性もあります。

 

他に、「どの数字も0.382をかけると2つ前の数字になる」という規則性や、「どの数字も3つ後ろの数字で割ると0.236に近づく」という規則性もあります。

 

フィボナッチ数列を使った事象は、自然界に多く存在すると言われています。
植物の花びらはもちろん、ピラミッドなどにも応用されています。

 

このフィボナッチ数列が、fxにも関係してきます。

実はfxではいくつか重要なパーセンテージがあり、それが「23.6」「38.2」「61.8」「76.4」という数字です。

 

よく見ると、前述のフィボナッチ数列と関係をしてくる数字であります。
これが具体的に、どのようにfxに影響してくるのかというと、サポートラインとレジスタンスラインです。

 

チャートを見ていると、なかなか下にいかないように支えているラインがあり、それをサポートラインと言います。逆になかなか上に行かないようなラインもあり、これをレジスタンスラインと言います。この両方のラインは、ある価格から23.6パーセントアップ、もしくはダウンというところに存在している線なのです。

よく見られている関連記事

  • オンラインセミナーでfxの勉強をしよう

    fxを行うためには、いきなり始めてはいけません。   そんなことをすれば、失敗するのは目に見えています。fxをする前には、必ず勉強をしましょう。 &n […]続きを見る
  • 一般人がfxで億万長者になる共通点

    fxで億万長者になった人は多くいます。   もちろん、もともと億万長者でありその余裕資金をつぎ込んでそれが大きく利益を出した、という人もいないことはありませ […]続きを見る
  • 断末魔の叫びからfxを学ぶ

    「人の不幸は蜜の味」という言葉をよく聞きます。   自分があまり幸せでないからこそ、人の不幸を面白く感じてしまうということです。   […]続きを見る
外為オンライン 株とFXの違い スマホでFX
FXのはじめ方