FX比較のまねぞう > FXの基礎知識 > Fxと外貨預金の違いについて

Fxと外貨預金の違いについて

外国の通貨を取引することで利益を得る手段として

 

imgres代表的なものといえば、外貨預金があります。
外貨預金は銀行などで取り扱っており、昔からの人気商品とも言えます。しかし最近では、外貨預金と似たような性質を持つ商品も出てきました。

 

それが「fx」です。fxというのは、日本語では
外国為替証拠金取引」です。
外貨預金と似たようなものですが、
この2つには大きな違いがあるのです。

 

最初の違いといえるのが、為替手数料になります。

外貨預金は魅力的な商品でありますが、この為替手数料が高いと言われており、
それがデメリットでもあります。もちろん、同じ外貨預金の商品を扱っているとしても、それぞれの金融機関によって差があるのは当然のことです。

 

外貨預金の場合、大手メガバンクなどが片道で1円程度の為替手数料がかかり、
手数料が安いと言われているネットバンクでも片道9銭程度はかかってしまいます。

一方fxの場合、多くの業者では片道で0.3銭から1銭という安い金額です。
fxでは多くの通貨単位を取扱しますので、小さい手数料の差でも積もり積もれば大きくなるというわけです。

 

もう1つ、外貨預金とfxの大きな違いとして考えられているのが、

金利です。外貨預金でもfxでも、金利の低い通貨を保有して金利の高い通貨に買い替えをすれば、金利差によって得をすることとなります。
これは2つとも同じ仕組みです。この金利の数字に関しては、一概にどちらの方が有利なレートかということはいえません。金利のレートは日々変化していくからです。

 

しかし、取引の柔軟性を考えると、fxに軍配が上がります。

外貨預金をしていて、もし金利を考えると今が売り時という場合であっても、中途解約をするとペナルティが発生をしたり、あるいは中途解約自体できないといったりという場合も少なくありません。しかしfxではそのあたり自由に行うことができます。
取引が自由なことによって、売り時を逃さないということがいえます。

よく見られている関連記事

  • 外貨両替をするfx業者を選ぶポイント

    最近、海外旅行に行く人のマストアイテムとなりつつあるのが、   fxの口座です。だからといって別に、海外旅行に行ってまでfxをやろうというわけではありません […]続きを見る
  • 一般人がfxで億万長者になる共通点

    fxで億万長者になった人は多くいます。   もちろん、もともと億万長者でありその余裕資金をつぎ込んでそれが大きく利益を出した、という人もいないことはありませ […]続きを見る
  • 断末魔の叫びからfxを学ぶ

    「人の不幸は蜜の味」という言葉をよく聞きます。   自分があまり幸せでないからこそ、人の不幸を面白く感じてしまうということです。   […]続きを見る
外為オンライン 株とFXの違い スマホでFX
FXのはじめ方