FX比較のまねぞう > FXの基礎知識 > 円安基調でも「売り」から取引できるfx

円安基調でも「売り」から取引できるfx

外貨預金というのは、

 

imagesあらかじめ外貨で預金をしておき、そのレートの変動をじっと待つというものです。
預金してある外貨の価値が上がれば儲かりますし、預金してある外貨の価値が下がれば損をしてしまいます。

 

fxでもそれと同じことが言えるのですが、

外貨預金とfxでは決定的に異なるところがあります。
それは、円安や円高という状況に応じて、取引方法を変えることができるということです。例えば、円とアメリカドルを取引の対象とした場合、1ドルが100円というレートだったのが、1ドル110円というレートになったとしましょう。

 

このときには1ドルが100円のときにアメリカドルを購入しておき、1ドルが110円になったタイミングでアメリカドルを売却すると、1通貨あたり10円の利益が発生するということになります。通常、通貨というのは価値が上がったり下がったりを繰り返すものです。価値が上がれば利益を確定させようと売りが出るので、それに伴い価値が下がるからです。

 

しかし、場合によっては上がったり下がったりを繰り返さず、

ずっと価値が下がり続ける通貨というのもないわけではありません。しかし、どうしてもその通貨で取引をしたいという場合、例えば円で取引をしたいのだがずっと円安基調だという場合、円を買っていては価値が下がるのは火を見るより明らかです。
しかし、通常の取引では、まずは商品を購入しない限り取引をすることができません。

 

ところが、fxではこの点が大きく異なるのです。

株式投資などでは、まず株式を買わない限り売ることはできません。
しかしfxでは、何も持っていない状態からいきなり売ることが出来るのです。

 

例えば、1ドル100円のときにアメリカドルを「売り」にします。
そして1ドルが110円の円安基調になったときにアメリカドルを「買う」のです。
こうすることによって、買いから入るとどう考えても利益がでない円安基調の場面であっても、利益を出すことができるのです。

よく見られている関連記事

  • 売りから入る注文もfxにはある

    ものの取引をするためには、売買をしなければなりません。   例えば、野菜を売る八百屋さんであっても、 野菜を売るためにはまず市場から買わないと売ることが出 […]続きを見る
  • Fxでは証拠金が必要不可欠

    通常では、   100万円の商品を購入するときには、現金を100万円準備しなければなりません。 100000円しか現金がないとなれば、100万円の商品を購 […]続きを見る
  • スワップ金利でfxの不労所得生活を

    fxをする人の中には、   サラリーマンをしながらfxをしている人も多いことでしょう。 しかし、一度fxの魅力に取り付かれてしまうと、なかなかそこからはな […]続きを見る
外為オンライン 株とFXの違い スマホでFX
FXのはじめ方