FX比較のまねぞう > FXの基礎知識 > 100通貨単位のfx取引にはメリットがいっぱい

100通貨単位のfx取引にはメリットがいっぱい

どんな投資でもそうですが

 

はじめのうちはあまり多くの金額を投資しないほうが賢明です。
しかし、株式投資などは1株から変えるわけではなく、100株あるいは1000株単位で購入するのが一般的です。これと同じことがfx投資においてもいえます。

 

fxであっても、

images例えばアメリカドルを1ドルだけ購入するということはできません。最低購入単位は
「何とか通貨」という風に呼ばれており、
「何とか」には数字が入ります。

 

つまり、1000通貨を最低取引単位とするのであれば、アメリカドルを最低でも1000ドル購入しなければなりません。

 

しかしそうすると、少なくとも100000円の資金はなければなりません。
レバレッジをきかせれば、もっと少なくて済みますが、2倍のレバレッジでも50000円はかかってしまいます。だからと言って、あまりレバレッジをきかせすぎますとかなりのリスクですので、初心者向けではありません。

 

そんな時、レバレッジをあまりきかせなくても

投資金額を少なくする方法として挙げられるのが、最低通貨単位が少ないfx業者ということになります。最低通貨単位は業者ごとに設定が異なります。
多くは1000通貨単位なのですが、中には100通貨単位という業者もあります。

 

100通貨単位であれば、1ドルが100円のアメリカドルであっても、レバレッジが2倍で5000円の投資金額で済ませられます。これならば、ちょっとしたお小遣いではじめられますね。もちろん、100通貨ではあまり利益を望むことはできませんので、その分レバレッジをきかせてもいいでしょう。

 

レバレッジを10倍にすれば、同じ5000円の投資額でも100アメリカドルを500ドルも購入することができます。最低通貨単位が少ないということは、それだけで取引の幅が広がるということです。

 

特に100通貨であれば、リスクを少ない人はレバレッジを少なくすればいいですし、
より儲けたい人はレバレッジをよりきかせるか、投資金額を少しふやせばいいのです。

よく見られている関連記事

  • Fxのスプレッドは大事な収入源

    fxを行うためには、手数料が発生します。   そうしないと、fxが利益を出すことが出来ないからです。かつてfx業者のメインの手数料収益と言えば、取引手数料で […]続きを見る
  • スワップ金利でfxの不労所得生活を

    fxをする人の中には、   サラリーマンをしながらfxをしている人も多いことでしょう。 しかし、一度fxの魅力に取り付かれてしまうと、なかなかそこからはな […]続きを見る
  • Fxのスキャルピング、デイトレード、スイングのメリットとデメリット

    fxのトレード方法には、大きく分けて3つの手法があります。   それは「スキャルピング」「デイトレード」「スイング」です。今回はこの3つのトレード手法のメリ […]続きを見る
外為オンライン 株とFXの違い スマホでFX
FXのはじめ方