FX比較のまねぞう > FXの基礎知識 > Fxにおけるローソク足チャートの見方

Fxにおけるローソク足チャートの見方

fxというのは、決してギャンブルではありません。

 

imagesしっかりと為替相場の方向性を見定めた上で、いつ売るか、いつ買うかを判断しなければなりません。

 

そんな時、fx相場の分析に役立つものと言えば、チャートです。チャートには様々な種類があるのですが、日本で最も一般的なチャートと言えば、「ローソク足チャート」です。

 

ローソク足チャートというのは、

ローソクのような形をしているものが、何本もつながって値動きを示すものです。
では、ローソク足というのはそれぞれの記号にどういった意味があるのでしょうか。
ローソク足の見方ですが、まずは、ローソクの本体の部分を見てみましょう。

 

この部分が白くなっていれば「陽線」、つまり始値よりも終値の方が高いといった状態です。この部分が黒くなっていれば「陰線」、つまり始値よりも終値の方が安いという状態です。ローソク本体の長さも重要になってきます。このローソクの長さは、取引の実体を表しています。

 

次に、ローソクの芯の部分です。

普通のローソクでしたら、芯が出ているのは上の部分だけなのですが、fxのローソク足チャートの場合には上下にローソクの芯が出ています。上に出ている芯のことを
「上ヒゲ」といいます。上ヒゲの一番先端が、その期間の最高値の部分です。

 

上ヒゲの長さが長ければ長いほど、値動きが激しいことを意味しています。
下に出ている芯のことは「下ヒゲ」といい、下ヒゲの先端がその期間の最安値です。
上ヒゲと同様に、芯の長さが長ければ長いほど、値動きが激しいことを示しています。

 

しかも、ローソク足チャートの場合、

その1本のローソクがどのくらいの時間を表しているかも、チャートによって異なります。ローソク1本が1日を表す場合、その呼び名を「日足」といいます。
同様に1週間の場合には週足、1ヶ月の場合には月足、そして1年の場合には年足といいます。ローソクは単独で成立するものではありません。
他のローソクとつなぎ合わせてチャートが構成されるのです。

よく見られている関連記事

  • ダウ理論はfxでも使える

    fx攻略において今や欠かせないもののひとつとして、   チャート分析があります。相場をしっかりと分析をすることによって、ある程度の動きは予想できるというもの […]続きを見る
  • Fx業者が提供するツール

    最近では、fxも非常に便利になったものです。   かつては、チャート分析などをするときには、自分で線を引いたりしなければなりませんでした。   […]続きを見る
  • Fxにおけるテクニカル分析の種類

    fxを行う際に必要不可欠となってくるのが、テクニカル分析です。   fx業者の口座とは異なり、これがなければfxを始めることができないというものではありませ […]続きを見る
外為オンライン 株とFXの違い スマホでFX
FXのはじめ方