FX比較のまねぞう > FXの基礎知識 > セリクラとバイクラはfxの乱高下

セリクラとバイクラはfxの乱高下

fxの1日の取引には、様々な流れがあります。

 

1日平穏な取引で終始をするときもありますし、中には1日の中でも乱高下を見せるときもあります。平穏な取引をしているうちは、チャートを見ていてそれ通りに行っていればある程度安心なのですが、乱高下をしているときには、気が気ではありません。

 

fxは数字だけを扱っていればいいという、なんとも無機質な取引のようですが、実は人間の精神状態が大きく影響をしてくる取引なのです。

 

その中の一つに、「セリングクライマックス」というのがあります。

 

これは英語で、「セリング」は売り、「クライマックス」は最高潮を意味するものです。略して「セリクラ」などとも呼ばれたりしていますね。

 

imgresではこのセリクラ、どのような状態のことなのでしょうか。まず相場の状態としては、為替相場は急落しています。ローソク足チャートで言えば「陰線」の状態にあるというわけです。

 

マーケットの最終局面において、fxをしているとレーダーの多くが、この状況を見て強気でいき、
流れに逆らおうとするわけがありません。

どうしても弱気になってしまい、その流れに流されてしまうという人も多いはずです。

 

そうすると、急落のスピードがさらに加速、そのスピードが最高潮に達します。
この状態のことを「セリクラ」といいます。セリクラになると、相場は一気に大暴落となる可能性も否定できません。ただしこのセリクラ、1年に数回程度しかありませんので、安心をしてください。

 

セリクラの反対の言葉として、「バイクラ」という言葉があります。

意味としては、セリクラの反対の言葉となります。相場の状態としては、為替相場は急上昇の状況にあり、投資家の心理としてもこのまま一気にいけいけの状態となります。

 

すると、さらに上昇スピードが加速し、どんどん買いに走り、そのスピードが最高潮に達するというわけです。ただしセリクラと同様に、バイクラも年に数回あるかないかといった程度です。

よく見られている関連記事

  • ダウ理論はfxでも使える

    fx攻略において今や欠かせないもののひとつとして、   チャート分析があります。相場をしっかりと分析をすることによって、ある程度の動きは予想できるというもの […]続きを見る
  • Fx業者が提供するツール

    最近では、fxも非常に便利になったものです。   かつては、チャート分析などをするときには、自分で線を引いたりしなければなりませんでした。   […]続きを見る
  • Fxにおけるテクニカル分析の種類

    fxを行う際に必要不可欠となってくるのが、テクニカル分析です。   fx業者の口座とは異なり、これがなければfxを始めることができないというものではありませ […]続きを見る
外為オンライン 株とFXの違い スマホでFX
FXのはじめ方