ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > カードローンニュース > 銀行カードローン審査での在籍確認はあり?なし?本当のところは?

在籍確認

銀行カードローン審査での在籍確認はあり?なし?本当のところは?

 カードローンニュース

更新日:2016年9月27日 362 ローン

カードローンの申込時に、あなたが本当に「申告通りの職場にいるかどうか」を確認するための「在籍確認」の電話があります。

 

その在籍確認から「職場に借り入れがバレるのではないか」と不安に感じる人も多いでしょう。

今回はそんな不安を解消するために

  • 在籍確認の電話の内容とは
  • 在籍確認の電話は必ずあるのか
  • 派遣の場合は派遣元、派遣先どちらに電話があるのか
  • 普段電話がかかってこないようなアルバイト先の場合はどうなるのか

など、いろいろなポイントから在籍確認の電話について解説していきます。

 

今日の話を読んでいただければ、在籍確認から借り入れがバレるということをそこまで不安に感じなくても良いということが、わかってもらえると思います。

■在籍確認の電話は必ずあるのか?

在籍確認

銀行カードローンの在籍確認は原則としてあるものです。

それではここから在籍確認について

  • どんなタイミングで在籍確認が行われるのか?
  • 電話確認ではどんな事を聞かれるの?
  • 万が一、不在や電話に出られない場合は?
  • 時間指定などすることは可能なのか?
  • 在籍確認によって周囲にカードローン利用がバレる心配は?

というポイント別で見ていきましょう。

どんなタイミングで在籍確認が行われるのか?

在籍確認が行われるのは、審査の最終段階だと考えて良い場合が多いのです。

なぜなら審査の初期段階で在籍確認を行うと、審査に通過できない人たちも含めた全ての申し込み者…つまり膨大な数の電話をかけなければならなくなってしまうからです。

つまり、在籍確認の電話は「審査通過の最終関門」のようなものだと言えるでしょう。

※全ての業者が最終段階で在籍確認をするわけではありませんのでご注意ください。

電話確認ではどんな事を聞かれるの?

在籍確認の目的は「あなたが本当に申告通りの職場に在籍しているか」かどうかということを確かめるためのものです。

なので電話の内容はとてもシンプルです。

 

まず、その電話で、銀行側から「銀行カードローン」だと名乗ることは無いと思ってください。

ただ、銀行側が「偽名や架空の会社」を名乗ることは禁止されれていますので「担当者の個人名」でかけてくるのです。

※銀行名でかかってくることもありますが、銀行カードローンの件だと言うことはありません。

 

もちろんその電話で「在籍確認」だということも言われません。

ただ

「◯◯◯◯(あなたの名前)さんはいらっしゃいますか?」

と問うなど「あなたに電話を代わってもらうことだけ」を目的とした話のみとなります。

 

この配慮のおかげで、電話の内容から銀行カードローンの在籍確認だとバレることはありません。

万が一、不在や電話に出られない場合は?

在籍確認の電話があった時にあなたが万が一不在や、接客中で電話に出られないことはあまり大きな問題ではありません。

なぜなら電話を受けた人が「今◯◯は不在でして…」と答えた時点で、あなたの「在籍確認」はとれているからです。

 

そういう場合、銀行側は「できるだけ手短に電話を終わらせる」という感じで、あなたに迷惑がかからない形にしてくれますので、そこまで心配はいらないでしょう。

時間指定などすることは可能なのか?

不在時を避けたり、他の人に電話を取られたくなかったりする場合は、時間帯等を銀行側に事前に相談してみましょう。

 

ただ、この時間指定は可能な時と、不可能な時があるということは覚えておいてください。

これは銀行によっても違いますし、あなたが「時間指定」をしたい理由にもよりますので、まず銀行側と話し合うことが大切だと思ってください。

少し話は変わりますが、営業時間や定休日などの都合で、職場自体に電話を受ける人がいない時間帯などは申告しておくというのも大切なことです。

また、時間帯とは別の話ですが、大きな会社の場合仕事に関する内容の電話以外を「個人情報の保護」という観点から取り次いでくれない事があります。

そういう場合は、事前に伝えておく、部署の番号を指定するなど確実に繋がるようにしておきましょう。

在籍確認によって周囲にカードローン利用がバレる心配は?

在籍確認の電話は、今までお話したとおり、限りなくあなたのプライバシーに配慮された形で行われます。

しかし、その配慮があっても「普通は個人的な電話がかかってこない職場」だったりする場合は、そこから「推測」されてしまうことがあります。

なぜならある程度知識がある人は「在籍確認の電話が個人名でかかってくる」ということを理解しているからです。

ただそれはあくまで「想像」にすぎません。

逆を言えばあなた個人の話である借り入れに関しては、他者は「確証」を得ることはできないのです。

 

疑われる可能性があると思う場合は、事前に電話を受ける可能性のある人に「クレジットカードの契約の電話がある」と言っておくのも良いでしょう。

 

クレジットカードは、銀行カードローンのように「借り入れ用」とは違い、「支払いを便利にする」為のカードとしてのイメージがあるので、あなたが心配しているような印象は周囲に与えないでしょう。

派遣社員の場合の在籍確認について

在籍確認派遣社員の方は、必ず自分自身が派遣社員であることを伝え、派遣元、派遣先双方の情報を記載するようにしてください。

なぜなら、派遣先のみにした場合「派遣先が変わる」ことや「個人情報保護の観点から在籍確認の電話に応じない職場」であったりするなどの場合があるからです。

それに派遣社員の場合、正社員と違い電話を受けた人は「在籍を把握していない」などというケースもあるのです。

そのようなトラブルを避けるため、できるだけ派遣元で在籍確認が取れるようにしておくと良いでしょう。

アルバイトの場合の在籍確認について

アルバイトの場合、社員とは違い「個人宛に電話がかかってこない」職場のほうが多いものです。

 

例えば工場勤務。

よほど緊急の場合以外、あなた宛の電話などかかってくることがありません。

そのような場合は、少し前にお話したとおり「クレジットカードの契約の電話がある」と伝えておきましょう。

もちろん、アルバイトの場合でも「電話内容で銀行カードローンだとバレる」ようなことはありませんのでご安心ください。

まとめ

在籍確認は、本日何度か説明したとおり「クレジットカードの契約」だと言ってしまえば、周囲から借り入れを疑われることは滅多にありません。

言い方は悪いですがそのようなかんじで、自分の行動でごまかすことはいくらでも可能なのです。

 

ただ、それでも不安な方は、在籍確認の段階に進む前に銀行とお話してみると良いでしょう。

在籍確認をそのものをなくすというの難しいですが、銀行は今までいくつもの「在籍確認に関する問題」に対応してきた専門家でもありますので、いくつかの提案をしてくれることもあるのです。

そのような相談をする場合は、話をスムーズに進ませるために、あなたがなぜ在籍確認の電話があると問題あるのかという理由も、しっかりと提示するようにしましょう。

おすすめ記事

関連まとめ