ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > カードローンニュース > キャッシングと銀行融資の違いとは?

455anasljdvna

キャッシングと銀行融資の違いとは?

 カードローンニュース

更新日:2015年2月6日 676 ローン

キャッシング銀行融資の違いを知らない方も多いのですが、この二つには決定的な違いがあります。

455anasljdvnaたとえば、キャッシングの場合は無担保・無保証人で借り入れをおこなうことができるので、キャッシング枠を利用したとしても日割りで利用できるので返済総額が小さくまとまることが多いのですが、銀行融資の場合はキャッシングと異なり、必要なものが多いのです。
もし、銀行融資を受けたいのであれば、担保も必要ですし保証人も必要です。
つまり、不動産があったり有価証券があったりしないと中々、銀行融資を利用することはできないので、「自分には家も土地もないし、株券も持っていない」といった方は銀行融資を利用することができないのです。

 

ちなみに、無保証人の場合は借り入れできない場合が非常に多いのですが、無保証人でも、キャッシングは基本的に利用が可能なので、「身内もいないし友達も少ないので、保証人を用意するのは難しい」といった方でもキャッシングは利用できてしまいます
しかも、キャッシングの場合は申込みから審査が下りるまでが早いので、借りたいと思ったら即日でお金を借り入れすることが可能なのです。

 

急に身内が病気になってしまい、緊急手術で手術費用が必要になったとしても、クレジットカードのキャッシング枠があればすぐにお金を用意することができてしまいます。
昨今では振込まで一時間も掛からないようなところも増えていますし、申込みさえサクサクと終わらせてしまえばかなりスピーディにお金を振り込んでもらうことができるのです。
ですので、もし今現在キャッシングに興味がなかったとしても、もしものときのために利用方法だけでも覚えておくべきだと言えます。
いざというとき、本当に急なときというのはお金を借りたくてもなかなか、周囲の人は貸してはくれません。
しかも、借りることが出来たとしても人間関係に上下関係ができてしまったり、気まずくなってしまったりしがちなのですが、相手が消費者金融である場合はそのようなことがおこらないので、人間同士の大切な縁を壊すこともないのです。

 

銀行融資やキャッシングを利用すれば、親戚に頭を下げて辛い想いをする必要もありません。
家族からお金を無理に借りなくても、自分の社会的信用があれば上記のものを利用することができてしまいます。
もし、社会的信用が小さかったとしても、昨今ではそういった方のためのキャッシングサービスもありますし、消費者金融を上手く利用すればお金というのはいくらでも借り入れできてしまうものなのです。
自分なりに、キャッシングサービスの利用方法を覚えておけば、その方法を使って窮地をくぐり抜けることができます
逆に、銀行融資のこともキャッシングサービスのことも知らないようだと、困ったことになったとしても、右往左往するだけで終わってしまいがちなので、せめてクレジットカードの使い方だけは覚えておくようにしましょう。

おすすめ記事

関連まとめ