ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > カードローンニュース > キャッシングの返済、残高不足で失敗してしまった場合は?

454ajadjvahjad

キャッシングの返済、残高不足で失敗してしまった場合は?

 カードローンニュース

更新日:2015年2月6日 953 ローン

キャッシングの返済がうまくいかなかった場合は、「再決済」をおこなう必要が生じます。

キャッシングの返済というのは、残高不足などがあると失敗してしまうのですが、そういったときはやはり、カスタマーセンターに連絡して「もう一度お金をきちんと振り込むので再決済をお願いします」と伝えるしかありません。
その後、放置していると消費者金融や銀行から振込先のお知らせが届くので、その振込先に振り込むといった手もあるにはあるのですが、そういった方法だと振込手数料が生じてしまうので、「少しでもいいからそういった出費を無くしたい」といった方は再決済をおこなうようにしてみてください。

 

454ajadjvahjad残高不足などがあると、それが本当に少しの不足だったとしても「延滞」という情報が個人信用情報機関に残ってしまいます
個人信用情報機関にそのような情報が残ってしまうと、その後の社会的信用に悪い影響が生じてしまうので、できるだけ延滞はおこさないようにし、残高不足などがないように確認してから振り込むように心がけてみてください。
ちなみに、世の中には、「延滞が一度おきるだけでそれが事故情報になってしまう」と思い込んでいる方も多いのですが、延滞の情報は基本的には事故情報には直結しません。
延滞を繰り返し、その支払いに応じなかった場合は事故情報となるのですが、延滞が一度程度しかなく、すぐに再決済がおこなわれた場合は事故情報が残らないこともあるので、できるだけ再決済は早めにおこなうようにしてみてください。

 

延滞の記録というのは、その消費者金融によって扱いが異なります。
厳しい会社(大手の消費者金融)の場合はたった一日遅れただけで個人信用情報機関に連絡する場合もありますし、緩い会社(中小企業)の場合は三日?四日程度の延滞であれば個人信用情報機関に全く情報を送らないといったケースも多いので、とにかく早く延滞の状態を解消するようにし、個人信用情報機関に悪い情報が残らないように工夫してみてください。
キャッシング枠やショッピング枠の返済は、やはり返済期日までにおこなうのが一番ですし、それができないようだとだんだんと借り入れがしづらくなっていってしまいます。
借り入れがきちんとできないようだとどうしても、困ったときにますます大変なトラブルを招いてしまうので、いつでも借りたいときにお金を借りることができるように、社会的信用を損なうことはしないように心がけてみてください
社会的信用が綺麗な状態で保たれていれば、冠婚葬祭のときにもお金を借りやすくなります。

 

逆に、普段の借り入れの仕方が雑で、事故情報がたくさん残ってしまっている場合は、徐々に借り入れの審査に通らなくなっていき、最終的にはどの会社でも借り入れができない状態になってしまうので、気をつけるようにしましょう。
借り入れをスムーズにおこなうにはやはり、社会的信用をクリーンな状態にしておく必要があります。
個人信用情報機関の情報が綺麗なままであれば、キャッシング枠やショッピング枠も比較的自由に使えるので、管理を徹底するようにしてみてください。

おすすめ記事

関連まとめ