ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > カードローンニュース > 複数の会社でキャッシングをおこなう時に気を付けなければならないこと

440auaodhvadi

複数の会社でキャッシングをおこなう時に気を付けなければならないこと

 カードローンニュース

更新日:2015年2月3日 733 ローン

もし、複数の会社でキャッシングを利用しようと考えているのであれば、延滞をしないように最大限に気をつけなければなりません

440auaodhvadi世の中には、複数の消費者金融を利用していることを忘れて延滞と不払いをおこしてしまう人がいるのですが、こういったことが度重なってくると、その人の社会的信用はどんどん小さくなっていってしまいます。
延滞は、二回までなら容赦してもらえますが、三回以上になってくるともう容赦してもらえません。
請求書の内容は厳しい言葉が並ぶようになりますし、それが届いてもなお返済できないとなってしまうと、今度は裁判お知らせが届くようになってしまうのです

 

複数の会社を利用するとやはり混乱してしまいがちですし、すべての会社の借金を返せないといったことになってしまうとなると、もう二度と、どの会社もキャッシングを利用させてくれなくなってしまいます。
また、各社から返済を催促する旨の書類が届くようになってしまいますし、すべての会社の借金を踏み倒してしまうようだと、「貸し倒れ」がおきてしまうので債権者が本気で取り立てを開始するようになってしまいます
債権者は裁判をおこすこともできますし、お金を返してもらうためなら差し押さえも辞さないので、もし今現在、複数の消費者金融を利用していてお金を踏み倒しそうになっているのであれば、思い切って債務整理をしてみましょう。
債務整理は、県庁所在地などにある法テラスで相談すれば格安でおこなうこともできます
貧困者向けの弁護士を利用すれば、早々に債務整理の手続きを開始することができますし、債務を整理しつつ小さくまとめることができるのです。

 

一番良いのは複数の会社から借り入れすることを避けることなのですが、一度延滞や不払いがおきてしまった場合はもう、債務整理をするか差し押さえを受けるかしなければなりませんし、差し押さえがおきてしまった場合はもう、その債務をどうすることもできません。
社会的信用を失うような借金の仕方をしてしまったことを、まずは反省しなければなりませんし、その後のことも前向きに考えなければならないので、まずはその後どうやって家族と生活していくかを真剣に考えるようにし、進学予定のお子さんがいる場合は誰の社会的信用を使って進学させるかといったところも考えるようにしましょう。
まれに、家族の全員の社会的信用が低いがために進学できないお子さんがいるのですが、そういった場合も奨学金制度は利用できる可能性があります。

 

きちんとそういった制度も利用するべきですし、進学ができないとなると悪循環が生まれてしまうので、できるだけお子さんにはキャッシングの焦げ付きの悪影響が及ばないようにしてみてください。
一度キャッシングで失敗しているとなると教育ローンの利用は難しいかもしれませんが、教育ローン以外にも奨学金制度のようなものはありますし、進学させるための方法はいくらでもあります

おすすめ記事

関連まとめ