ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > カードローンニュース > キャッシング枠の残高がない場合、どう対処する?

437aiadhvlad

キャッシング枠の残高がない場合、どう対処する?

 カードローンニュース

更新日:2015年2月3日 496 ローン

キャッシング枠の残高が少なくなってしまっている場合は、とにかく与信枠引き上げをお願いしなければなりません。

キャッシング枠やショッピング枠などの与信枠は、実は短期であれば引き上げを申請することが可能です。
引き上げに成功することができれば、その月だけ与信枠が倍になったり、5万円プラスされたりするので、まずはカスタマーセンター与信枠の引き上げに関する依頼をしてみるようにしましょう。

 

437aiadhvladちなみに、与信枠というのは社会的信用に応じて付加されるものなので、引き上げの依頼をするとそこでまた審査がおこなわれます
もし、審査をしてみて「この人は与信枠を上げても大丈夫」ということになればそのまま与信枠は引き上げてもらえるのですが、「この人は過去に延滞もしているし、不払いもあったから」といったことになってしまうと、与信枠の引き上げはしてもらえません。

つまり、まずは引き上げの申込みをカスタマーセンターを通してやってみるしかないので、「どうしても今月は物入りなのでキャッシング枠やショッピング枠の引き上げをおこないたい」といった場合はカスタマーセンターでお願いしてみるようにしましょう。
また、もし引き上げに成功して「今後も永続的に引き上げたままの状態にしておいてもらいたい」と思った場合は、永続的な引き上げのための申込みをすることも可能です。
永続的な引き上げの申請をする場合も、当然、審査は必要となるのですが、やはり永続的に引き上げを可能とするには相当な社会的信用が必要なので、短期は可能だった人も永続的な引き上げは不可能となる可能性があります

 

もし、不可能となってしまった場合は、とりあえず他の消費者金融のクレジットカードを使ってみるしかありませんし、他の会社の与信枠があればそれを利用するしかないので、まずは他の与信枠をチェックしてみるようにし、残高が残っているようであればその消費者金融から借り入れをおこなうようにしてみてください。
ただし、複数の会社から借り入れをおこなってしまうと、返済も大変になりますし、そのまま事故をおこしてしまいがちです。
もし返済できる目処が立っていないのであれば借り入れは我慢するべきですし、何度も延滞をおこしてしまうとクレジットカードに傷が残ってしまうので、できるだけ複数の借り入れは控えるようにしましょう。

 

複数の借り入れをおこなうと、貸し倒れの可能性がかなり高くなりますし、裁判がおきて敗訴となり、身の回りのものをすべて失ってしまう可能性も出てきます
そうなってしまえば、正しく穏やかに生きていくことが困難となってしまうので、無理な借り入れは絶対に避けるようにしてみてください。
万が一社会的信用を失ってしまうと、その後は結婚もできなくなりますし、子どもを持つといった将来設計も崩れてしまいます。
借金から逃げることは不可能ですので、その辺りのことは充分に頭に入れておくようにしましょう。

おすすめ記事

関連まとめ