ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > カードローンニュース > キャッシングを電話で利用する場合の注意点とは?

435aaudboac

キャッシングを電話で利用する場合の注意点とは?

 カードローンニュース

更新日:2015年2月2日 844 ローン

キャッシング枠やカードローンは、昨今では電話利用できるようになっています

電話で利用する場合は、口頭で氏名や住所を伝えるのですが、やはりフリーダイヤルを利用する場合はどこにいても借り入れを利用することができるので、急な出費に困ってしまったときなどに最適です。
最初は、「電話一本で本当に借り入れができるのだろうか」と不安になられるかもしれませんが、実際、電話で借り入れの申請をおこなっている人というのは世の中にたくさんいますし、そういった人は借り入れを非常に上手に利用しているのです。
たとえば、提携ATMなどでもキャッシング枠の利用申込みは可能ですし、即日振込もしてもらえるのですが、提携ATMの場合は入っていくところを知人に見られてしまうと大変なことになってしまいます

 

435aaudboac特に、世間体を気にする家柄の人などは噂が広まることによって離婚の危機に遭遇してしまいがちですし、家庭が円満でいられなくなってしまうので、とにかく「誰にもキャッシング枠やショッピング枠のことを知られたくない」という場合は提携ATMは利用しないようにしてみてください。
昨今では、わざわざ提携ATMまで足を運ばなくても、そのままフリーダイヤルで借り入れの申込みをおこなうことができてしまいます。
こういったシステムを知らない方もまだまだ多いのですが、クレジットカードさえ持っていればインターネットからでも利用申込みは可能ですし、キャッシングの申請などを家の中にいながらおこなうことも可能なのです

しかし、電話でキャッシング枠の利用申込みをするときには、やはりある程度の注意も必要となります。
たとえば、電話をするとなると口頭で住所を伝えることとなるのですが、住所が間違っていたり、電話番号に不備があったりすると、それだけで社会的信用は落ちてしまいます
つまり、口頭で伝えた内容がスムーズに伝わっていなかった場合は社会的信用が落ちてしまい、そのまま審査に落ちてしまう可能性があるので、発音するのが難しいような名前の地域に住んでいる場合は、とにかく相手にしっかりと伝えるように気をつけなければなりません。
収入があったとしても、ある程度の地位があったとしても、勤続年数が長く真面目に働き続けていたとしても、少しのミスによって審査に通過しなくなってしまう例も多々あるので、できるだけ口頭で伝えるときには、きちんと伝わったかを確認しておくようにしましょう。

 

口頭できちんと情報を伝えることができれば、その後は何の問題もなくキャッシング枠を利用することができます。
電話で申し込みをおこなう場合は、社会的信用さえあれば多少のミスがあっても審査に通ることは多いので、もしミスがあったとしても、審査に通ることを信じて待ってみるようにしましょう。
また、ミスに気づいた場合、即座に電話して訂正すれば審査に間に合うこともあります。
審査に間に合えば何の問題もないので、気づいたことがあった場合はすぐに担当者につないでもらうようにしてみてください。

おすすめ記事

関連まとめ