ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > カードローンニュース > カードローンやキャッシングの取り立てについて

376ancvosrubjvn

カードローンやキャッシングの取り立てについて

 カードローンニュース

更新日:2015年1月22日 751 ローン

376ancvosrubjvnカードローンやキャッシングの取り立ては非常に怖いものである、と思い込んでいる方も多いのですが、基本的には取り立てはかなり安全なかたちで訪問します

そもそも、昨今では相当な額の借金を踏み倒していてもその会社の役員が訪問することが全くありませんし、訪問したとしてもピンポンを押して不在なら帰って行くといったパターンがほとんどなのです。

 

また、世の中には「訪問しやすい場所」と「訪問しづらい場所」がありますし、どこかの寮に入っていてその寮が関係者以外立ち入り禁止だった場合は債権者はまず、その建物の中に入ることができません。

 

そもそも関係者以外立ち入り禁止の場所に入ってしまうと、「不法侵入」というかたちで法律に違反してしまいますし、カードローンやキャッシングを利用して不払いをおこしてしまったとしても、怖面の男性が取り立てにくるようなことはまずないのです。

 

では、どのようなかたちで取り立てがおこなわれるのかというと、債権者は請求書を同封した書類を送り続けるだけなので、何のキケンもありません。
その書類を見たくなければ破って捨てればいいだけですし、引っ越してしまえば住所も債権者からはわからなくなってしまうのです。
もちろん、裁判をおこしてこちらが敗訴となれば、住所や口座を特定される可能性も出てくるのですが、債権者は探偵ではないので住所も口座もまったく特定できない可能性があります

 

つまり、引っ越しや利用口座の乗り換えを頻繁におこなっている方は裁判に負けても差押えに遭わないまま過ごすことになりがちですし、実際、逃げ回っているおかげで裁判費用すら払わないまま、借金のことを一切気にしないまま安全に過ごしているような人も多いのです。
クレジットカードで借金を作ってしまった場合は、何の対処もせずに過ごすと差押えを受けてしまうのですが、実は逃げ切るための方法がいくらでもあるので、差押えをされたくないのであれば、そういったところにも注意してみるようにしましょう。

おすすめ記事

関連まとめ