ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > カードローンニュース > キャッシングとカードローンは実は金利がまったく違う?

349asnfcadc

キャッシングとカードローンは実は金利がまったく違う?

 カードローンニュース

更新日:2015年1月16日 897 ローン

キャッシングとカードローンは、金利のパーセンテージが異なります。

そういったことを把握せずに、無知なまま大きな額の借金を繰り返してしまっている方もいるのですが、それはそもそも、非常にキケンなことですし、せめてクレジットカードを使っていくのであれば、カードローン・キャッシング・ショッピングのそれぞれの枠の限度額や金利のパーセンテージは把握しておくべきなのです。

 

たとえば、カードローンの金利はパーセンテージが非常に低いものとなっており、借金をしても総計額がそこまで大きくなりません
もちろん、借り入れの期間が長くなればなるほど利息は増えますし、それによって支払いが大変になってしまうのですが、利息を単純に計算してみるとキャッシングを利用したときに比べるとかなり安くなっていますし、カードローンを利用するよりもキャッシングを利用したときの方が何かと支払いが大変になってしまいがちなのです。

 

現に、キャッシングというのは金利のパーセンテージが非常に高く設定されているものなので、キャッシング枠を安易に使ってしまうと、後に支払いの額の大きさに戸惑うことになってしまいます
もし、クレジットカードを使って現金を借り入れすることを考えているのであれば、どちらを利用した方がよいかといったところもきちんと考えておくべきなので、何も考えずに借金をしてしまうといったことはないようにしておきましょう。

 

349asnfcadcまた、カード会社はキャッシング枠やカードローンについての説明まではそこまでしっかりおこなっていませんし、こういったところのパーセンテージについてはあくまでも個々で確認するかたちとなっています。

 

カードローンやキャッシングを利用した後に「こんなに金利が高いなんて知らなかった」「利息がこんなに違うならカードローンを利用したのに、どうして教えてくれなかったんですか」などとクレームをつけたとしても印象が悪くなるだけなので、できるだけ把握しておくべき数字は頭に入れて覚えておくようにしましょう。

おすすめ記事

関連まとめ