ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > カードローンニュース > カードローンの正しい使い方・間違った使い方について

229ajsdvbsld

カードローンの正しい使い方・間違った使い方について

 カードローンニュース

更新日:2014年12月24日 880 ローン

229ajsdvbsldカードローンを使うのであれば、やはり本当に使うべきときに、正しく使わなければなりません。

こういった借金は、一度でも間違った使い方をしてしまうと人生を台無しにすることになってしまいます。
きちんと利用規約なども覚えるべきですし、ルールに則って使わないと自分の人生に破産をもたらしてしまうので、気をつけるようにしましょう。
カードローンには、正しい使い方と間違った使い方があるので、まずは「いかにしてカードローンを利用するべきか」といったところを考えてみましょう。

 

まず、正しい使い方に関してですが、「定期的な収入があり、他にローンも組んでいない(借金もない)ので住宅ローンを組みたい」といった場合、その使い方は正しい使い方なので、カードローンを使う価値があります。
やはり、住宅というのは欲しくてもポンと買えるようなものではありませんし、お金を少しずつ貯めつつ一千万、二千万といった額になるのを待っていると、三十年も四十年もかかってしまいます。
地道に頑張ればその額に達成することもあるかもしれませんが、その額を貯めるころには六十代、七十代になってしまっていたりもします。

そうなってしまうと、子どもも大人になって家庭を持ってしまうので「子どもや奥さんといっしょにマイホームに住む」といった夢も儚く散ってしまいますし、叶えられる夢も叶わなくなってしまうのです。
ですので、既にある程度貯金もあって、収入も安定しているのであればカードローンを利用し、一軒家を契約してしまうべきです。
そうすれば、数千万円もの貯金がなくても、十年後二十年後を待たずにマイホームが手に入りますし、後は少しずつ無理なく返済していくだけなので、生活はそこまで苦しくなりません。
信用定収入があるならばカードローンを積極的に利用すべきですし、社会的信用は使わないと損だと言えるのです

 

では、カードローンの間違った使い方はどういった使い方かというと、やはり社会的信用もほとんどない状態で、定収入もないのに無計画にカードローンに手を出してしまうというのはよくないことだと言えます。
基本的には、カードローンというのはきちんとした収入がある人だけが利用できるものなので、上記のような人はカードローンを利用したくても利用できないのですが、稀に信用がそこそこあるだけなのにカードローンを利用できてしまうような人もいますし、審査がゆるいとそのままカードローンの審査を通過してしまったりします。
しかし、無計画に利用すればかならず破産を招きますし、せっかく物件を得られたとしても最終的には取り上げられてしまうのです。
取り上げられないように利用するには、正しい使い方、間違った使い方を見極めることが重要です。
そうでないと、後になってから「やっぱりカードローンなんて利用しなければよかった、キャッシング程度にしておけばよかった」といったかたちで悔やむことになってしまうので、注意が必要です。

おすすめ記事

関連まとめ