ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > カードローンニュース > カードローンに関する事件について

226akadnclad

カードローンに関する事件について

 カードローンニュース

更新日:2014年12月24日 750 ローン

226akadncladカードローンを利用すると、大金を手に入れることとなるのですが、それが犯罪を招いてしまうこともあります。

もちろん、お金を盗むというのは犯罪者側が100パーセント悪いことではあるのですが、やはり隙はないに越したことはありませんし、より安全に借り入れをおこなうべきなので、まずはカードローンに関する事件について把握するところから始めましょう。

 

まず、カードローンに関連する刑事犯罪がどのようにおこなわれるかについてですが、やはりその大半は「ひったくり」であり、ATMから出てきた女性が狙われやすくなっています。
カードローンを利用すれば、数十万という単位のお金を一気に借り入れできるので、大金をお財布にしまった状態で銀行から出てきたりするのですが、そういった人の動向をずっと狙っているような人もいたりしますし、実はカードローンの利用者というのは非常に盗難の被害に遭いやすいのです
特に女性は、非力なため暴力の被害にも遭いやすく、ひったくりに遭うと同時に怪我をしてしまいがちです。

バイクなどに乗っている際は鞄を椅子の中にしまうべきですし、鞄を外に出した状態で、その取ってを握った状態でバイクを走らせてしまうとひったくりに遭うと同時に転倒してしまうので、くれぐれもそういった目に遭わないように気を付けてみてください。
昨今では、女性だけでなく男性も盗難被害に遭いやすくなっていますし、明るい道を選んで帰ったからといって必ずしも犯罪に遭わないかというとそういうわけではありません。
明るい道であっても、それなりに人がいたとしても盗難はおきる可能性があります。
ですので、「大金がカバンに入ってはいるけれど、この道を通れば必ず盗まれることはない」などと安心しきってしまうのは危険だと言えますし、できれば車などで家まで帰ったほうが確実なので、大金を引き出した時は移動に細心の注意を払うようにしましょう

 

カードローンを利用した後にその借り入れ額を全額盗まれてしまう、といったことは実はよくあることなのですが、盗まれた分に関して盗難保険が適用されない場合も多々あります。
せっかく色々な保険があっても、適用をするためにはありとあらゆる条件をくぐり抜ける必要がある場合も多くなっていますし、盗まれたときに必ず保険でどうにかできるかというとそういったわけではないので、そのあたりに関しても把握しておくようにしましょう。

また、盗難被害に遭った際は、すぐに「事件化」することが重要です。
すぐに警察に駆け込んで被害届けを出せば犯人を見つけやすくなりますし、事件直後であれば犯人も現場からまだそこまで離れていません。
最初から諦めてしまうよりもまず、警察に通報してみることが重要なので、なるべく警察には被害届けをきちんと出すようにしてみてください
カードローンに関連していない盗難事件に関してもそうですが、被害届け自体は警察にさえいけば誰でもカンタンに出すことができます。

おすすめ記事

関連まとめ