ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > カードローン基礎知識 > クレジットカード会社の”情報漏洩”?

loan_316

クレジットカード会社の”情報漏洩”?

 カードローン基礎知識

更新日:2016年1月15日 712 ローン

 

最近は様々な会社で情報漏洩がニュースで報じられています。
大抵情報漏洩の犯人は、元社員か社員が圧倒的です。外部から侵入して個人情報をスッパ抜くのはセキュリティーが高くなかなか出来ません。そうなると当然矛先を向けられるのは内部の人間になります。ベネッセが情報漏洩した時の対象者への、お詫びの品は500円分の商品券でした。情報漏洩しておいてそれで済まそうとは・・・。

 

loan_316呆れてものも言えませんね。桁を完全に2つ間違えていますよね。こんな物受け取れないと受け取らないで返した人も結構いたみたいです。私がもし、ベネッセで情報漏洩されたら、500円の商品券なんかで到底許す訳にはいかないです。

 

ベネッセは補償をしていないのと同じと社会的には評価されても、なんら不思議ではありません。ベネッセの信用も地に落ちました。信用回復のチャンスを逃した。

 

これが一番大きいのではないでしょうか?

 

信用回復のチャンスは何度となくあったのですが上層部の緩慢な姿勢でそのチャンスをいかす事が出来ませんでした。ここで情報漏洩の時に必ず出て来るのが、名簿屋の存在です。
名簿屋は非常にギリギリのところで商売をしています。まさにグレーゾーン。
合法なのか非合法なのか?扱う名簿の内容によってそれは大きく判断が変ってくる事でしょう。

 

クレジットカード会社からの情報漏洩も必ず内部にいる人間が1枚噛んでいるのは間違いありません。データーをあらゆる方法で抜き取り、名簿屋に売るのです。クレジットカード会社の名簿なら人数にもよりますが相当高く売れるでしょうね。情報を抜き取って売った人間はかなりお金を貰えますから、病みつきになってしまいますね。
勿論、情報漏洩は違法です。個人情報保護法にみ触れます。

 

クレジットカードを作った途端に

 

ゴルフの会員権など高額な商品のダイレクトメールが来るのは全て情報漏洩した人間の仕業です。よく名簿屋が扱っている商品の中に競馬情報会社を利用した人の名簿があり、結構良い値段で売れているそうです。競馬は余り良くわからないので、どの様なカラクリなのかはわかりませんが、何処かでこの話を耳にした事があります。名簿屋は売れれば良いのです。

 

それにしても迷惑な話です。それと同時に自分の個人情報が流出した事に対して危機感を募らせている方も多いです。知らない相手から郵便ポストを開けたらダイレクトメールが入っているのですから非常に不気味ですよね。今表ざたになっている情報漏洩は氷山の一角にすぎません。

おすすめ記事

関連まとめ