ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > カードローン基礎知識 > 夜逃げも債務整理も、正しい弁護士選びから悪徳弁護士撃退の心得

loan_313

夜逃げも債務整理も、正しい弁護士選びから悪徳弁護士撃退の心得

 カードローン基礎知識

更新日:2016年1月15日 640 ローン

 

夜逃げをして良い事はありません。確かに遠くへ行けば借金の催促を受けなくて済むと言う考え方もあります。しかし、子どものいる家庭では学校に通わせなければいけません。
その際に住民票を移しておかないと学校に通えません。この住民票から、結局足がつくのです。家族がいる家庭では夜逃げは賢いとは言えません。勿論、独身者でもそうです。
夜逃げをして良い事はありません。

 

債務整理しか選択が無くなってしまった場合どうすればいいのか?この場合、殆どの方が弁護士さんに依頼をします。弁護士さんにも得意分野があります。一番良いのは借金関係のエキスパートが揃った弁護士事務所です。弁護遺さんが常時20人以上在籍している大きな弁護士事務所もあります。やはり専門分野が借金のエキスパートだと安心して依頼が出来ます。弁護士さんも素早いです。

 

そして悪徳弁護士に気を付けなければいけません。

 

loan_313一見、親身になって相談に乗ってくれますが、実は相場の費用の3倍も4倍も弁護士費用を請求する非常に悪質な弁護士がいます。

 

確かに自己破産の手続きを弁護士は代行して行い、
債務者に有利な展開に持っていきます。その際の弁護士費用は決まっていません。お寿司屋さんで言う時価みたいなものです。そこを突いた悪質な商法です。

 

債務整理で困っている人は、普通の人に比べて周りを見渡す能力が一時的に下がっています。
その為、どの弁護士さんも優良な弁護士さんに見えてしまうのです。ここが大きな問題ですね。悪徳弁護士に当る確率は少ないですが、それでも100%回避できるかと言うと実際に悪徳弁護士に嵌ってしまっている人が存在する以上100%回避する事は難しいでしょう。
事前リサーチが必要です。

 

先ず、優秀な弁護士事務所をみつけましょう。

 

そうすれば悪徳弁護士に嵌る事はありません。しかし、これが丸腰で何もリサーチをせずに弁護士さんを探すと、悪徳弁護士の餌食になってしまいます。悪徳弁護士はとにかくお金に対する執着心が強いです。通常自己破産にかかる弁護士費用は15万円から30万円の間です。
この金額が相場です。また成功報酬型の弁護士事務所もあります。

 

悪徳弁護士を撃退するには一番簡単な方法はその弁護士と接点を持たない事です。
これだけのネット社会。ネットで検索すれば直ぐに悪徳弁護士はわかる時代です。
先手を打っておけば悪徳弁護士に嵌る事はありません。先ずは必ず事前リサーチをキチンとする事が重要です。

おすすめ記事

関連まとめ