ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > カードローン基礎知識 > 連帯保証人とは本人が借りたも同じの大ウソ

loan_312

連帯保証人とは本人が借りたも同じの大ウソ

 カードローン基礎知識

更新日:2016年1月15日 716 ローン

 

連帯保証人まで付けてお金を借りると言う事はその時点で相当追い込まれている状態です。
連帯保証人になるのは友人か会社の同僚が圧倒的に多いです。連帯保証人が本人が借りたのとは少し違います。仮に連帯保証人が、その債務が回って来た時、返済をせずに過ごしたとします。連帯保証人の人は信用情報に傷が付く事はありません。どんなに連帯保証人は踏み倒してもブラックにはならないのです。

 

何故、その様な事が起るかと言うとお金を借りたのはあくまでも連帯保証人を依頼した人。
この人は問答無用でブラックの仲間入りになります。連帯保証人は直接お金を借りてないので信用情報に傷がつく事はないのです。だからと言ってむやみやたらに連帯保証人になってはいけません。連帯保証人は抗議する権利がありません。債権者から支払ってくれと言われたらハイと答えるしかありません。

 

そもそも大手消費者金融で連帯保証人をつけてまでお金を貸す会社はありません。

 

loan_312中堅でも少ないでしょうね。そうなって来ると連帯保証人をつけてまでお金を貸すのは恐怖のヤミ金の可能性が極めて高いです。

 

ヤミ金の事ですから返済期限が過ぎ債務者が飛ぶと直ぐに連帯保証人の元へやってきます。
ヤミ金にルールは通用しません。午後8時までしか夜は催促出来ませんが、そんなの関係なしです。

 

夜中の2時だろうと、連対保証人がお金を返す意思をはっきり伝えないと永遠に帰りません。
1度家の中に上げたら最後です。ここは居留守を使うべきです。そうは言ってもまさか友人が借金を払わないで飛んだとは知らないですから、普通にノックされたら出てしまいます。
しかし、そこはヤミ金ノックなんかしません。罵声を浴びせながらドアを蹴り飛ばします。
違法な取り立てが得意です。

 

これをやってくれた方が有難いんですけどね。

 

直ぐに警察沙汰に持っていけます。ヤミ金が嫌がる相手。警察と弁護士。この2つをヤミ金は強烈に嫌います。例えばこの状況でパトカーが赤色灯をつけてやってくると一目散に退散します。それにしても連帯保証人になってしまったのは運が悪いでは済まされません。基本的にどんなに仲の良い友人でも連帯保証人になってはいけません。

 

連対保証人になる会社が大手消費者金融ならまだ考える余地も少しはありますが、大手消費者金融はそこまでしてお金は貸しませんからね。ほぼ、ヤミ金と思っていいでしょう。
その為、借金の連帯保証人にだけは絶対にならない事です。

おすすめ記事

関連まとめ