ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > カードローン基礎知識 > 返済遅延や債務整理などの個人信用情報はどのくらいでキレイに?

loan_305

返済遅延や債務整理などの個人信用情報はどのくらいでキレイに?

 カードローン基礎知識

更新日:2016年1月15日 825 ローン

 

 

意外に返済遅延の信用情報に載っている期間が長いです。1回位、2週間延滞した事くらい何でもないだろう・・・。この様に思っている方。考え方が甘すぎます。
この様な考え方でお金を借りていると痛い目に遭います。そもそもカードローンの契約で返済する日は決まっています。この契約を反故にしたと言う事ですから、1日2日ならまだしも2週間は長期延滞になってしまいます。

 

loan_305そうなると、返済遅延の情報が信用情報機関に載ってしまいます。本人は気がついてない事が多いです。
しかし、ある時に気づきます。それは、追加融資を受けようと、カードを
ATMに入れた時に借入残高0になっているのです。

 

当然利用している会社ですらこの厳しいジャッジを下す訳ですから、他社借入は先ず無理です。それもそのはず、長期延滞の履歴は5年間信用情報に載ってしまいます。

 

その為、延滞を甘く考えているととんでもない目に遭います。

 

お金をカードで借りる気満々でATMに行くとお金が借りられないのです。当然予定が大きく狂うでしょうね。しかし、これは自業自得です。自分で自分の首を絞めたようなものです。
全ては貴方の甘い考えが原因です。延滞履歴は5年間も信用情報に載ってしまいます。
かなり重たいです。延滞はしないようにしましょう。

 

債務整理に関しても問答無用で、信用情報に載ってしまいます。信用情報に債務整理の情報が載ってしまうとなかなかキレイな状況になるには時間がかかります自己破産は最低10年
それ以外の債務整理は5年です。但し、10年経ったら必ず信用情報からブラックな情報が消えるかと言ったらそうではありません。最低10年です。最低でも10年は消えないと言う事です。

 

10年経てばいいと言う問題ではありません。

 

自己破産は一番債権者に迷惑をかける債務整理の方法です。貸した側から見れば貸し倒れになってしまいます。損金として計上されます。これをされたら堪ったものではありません。
一方、自己破産した側から見て見ると借金が全て帳消しになるのです。
こんなに有難い話はありません。借金を裁判所が返さなくて良いとお墨付きを押してくれるのです。

 

x自己破産した人の信用情報がキレイになるには、10年ではなく、10年以上と思っていた方がいいでしょう。結局10年以上経って消える事になったとしても、自己破産した人は2度とカードを作るべきではありませんね。1度自己破産をして免責をしてもらってますから、この事を真摯に受け止めなければいけません。

おすすめ記事

関連まとめ