ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > カードローン基礎知識 > 過払い金請求のデメリットお金が借りられなくなるというのは本当

loan_303

過払い金請求のデメリットお金が借りられなくなるというのは本当

 カードローン基礎知識

更新日:2016年1月15日 746 ローン

 

よく過払い金請求をすると、ブラックリストに名前が載ると言われています。その為、過払い金請求をしたくても、二の足を踏んでしまう人がたくさんいます。それも当然です。信用情報に傷がついたら、新しくカードローン等が組めなくなってしまうからです。皆さんここが一番心配でなかなか過払い金請求に踏み切れないでいます。本来なら返して貰って当然のお金なのに変な話ですよね。

 

では実際はどうなのか?こればかりはこの方法だったら絶対に信用情報に傷がつかないと言う確約が出来るものがありません。ケースバイケースの為です。消費者金融が過払い金請求されると、折角余分に多く取ったお金を返さなければいけません。そこで消費者金融は最後の抵抗として信用情報に傷をつける事をするのです。子供の喧嘩レベルの話なのですが、実際に起きている事です。

 

その為、過払い金請求をした後、

 

お金が急に借りる事が出来なくなるケースもあれば、今まで通りお金を全く問題なくお金を借りる事が出来る人がいます。かなり不公平な判断です。同じ過払い金請求をして本来なら返金だけで済むものが、信用情報機関に記載されるのですから、過払い金請求をして、ブラック状態に落ちてしまった人は腑に落ちません。全員がそうなるのであれば理解はできます。

 

しかし、誰がブラックになって、誰がブラックにならないのかは全くわからないのです。
本当に困った問題です。
しかし、過払い金は期限が10年なので、なるべく早期に話に蹴りをつけなくてはいけません。弁護士さんに依頼すれば速やかに行ってくれます。
後はその過払い金が戻ってきた時に、信用情報が変化しているかどうかですね。
信用情報を開示して、確認した方がいいでしょう。

 

気になる弁護士さんに支払う報酬ですが、

 

loan_303決まった金額がない為、各法律事務所によって金額が大きく違ってきます。基本的に過払い金の額が多ければ多い程、弁護士さんの報酬は多くなります。

 

それでも、大きなお金が返ってくるのであれば、弁護士さんに依頼して過払い金の請求はするべきです。
過払い金請求は貴方が持つ権利です。この権利を行使しない手はありません。

 

金融業界で一番、意見が分かれるのがこの過払い金請求です。
理由はブラックに誰が載るかわからないからです。これは依頼した弁護士さんでも答えがわかりません。法律の番人である弁護士さんですら意見が大きくわかれるのです。

おすすめ記事

関連まとめ