ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > カードローン基礎知識 > クレジットカードより審査が通りやすい、銀行系カードローン

loan_301

クレジットカードより審査が通りやすい、銀行系カードローン

 カードローン基礎知識

更新日:2016年1月15日 936 ローン

 

loan_301消費者金融・銀行系カードローン・クレジットカード。この中で1番審査が厳しいのが、クレジットカードです。クレジットカードの審査には採点方式が導入されています。

 

スコアリングと私達は呼んでいますが、この減点方式によってクレジットカードが発行されるか?否決されるかが決まってくるのです。消費者金融や銀行系カードローンでは、融資の判断を決める方式がクレジットにあります。

 

しかし、クレジットカードの審査はかなり厳しいです。細かい部分も採点方式で減点されていきます。かなり厳しい審査です。その為、何度申し込んでもクレジットカードが作れない・・・
と言う方が出て来ます。
何度も何度も申し込んでも全て否決。
この場合はクレジットカードは諦めた方がいいでしょう。何度、申し込んでも結果は同じです。クレジットカードだけではありません。

 

そこでオススメしたいのが銀行系カードローンです。

 

銀行系カードローンとクレジットカード会社が見ている信用情報機関が違います。
その為、クレジットカードに何度落ちているかなどかは、銀行系カードローン側にはわかりません。クレジットカードに審査落ち連発でも銀行系カードローンは全く違う視点で審査を行いますから、クレジットに落ちまくった人がすんなり審査に通る事が多いです。

 

これだけはやってはダメな事が一つあります。確かにクレジットカード会社と消費者金融は見ている信用情報は違いますから、先述の通りクレジットカードの審査に何度落ちても関係ありません。銀行系カードローンを申し込むにあたって、注意しなければいけないのは申し込みを連発しない事です。これをしてしまうと申し込みブラックになってしまいます。
6か月でこの情報は消えます。

 

その為、6か月は大人しくしておく必要があります。

 

6か月は仕事をしていればあっと言う間に過ぎてしまいます。銀行系カードローンは総量規制の対象外と言うのも強みですね。過度な金額は当然貸してはくれませんが、適度な金額は貸してくれます。どの程度が適度な金額なのかは債務者によって全く変わってきますから、一概に幾らと言うのはなく、その人によって変動する物です。

 

クレジットカードが作れなくても、銀行系カードローンが作れれば問題は解消されると思います。銀行系カードローンは金利も消費者金融よりも低いので利便性は高いです。クレジットカードにどうしてもこだわりのある人は一度信用情報を開示してもらうのがいいと思います。

おすすめ記事

関連まとめ