ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > カードローンニュース > さまざまなリボルビング方式

1a14ad0b3420b1e8b7a4b476f0eadacc_s

さまざまなリボルビング方式

 カードローンニュース

更新日:2016年2月15日 801 ローン

一言にリボ払いといっても、さまざまな方式があります。

 

元金定額リボルビング方式

1a14ad0b3420b1e8b7a4b476f0eadacc_s元金定額リボルビング方式とは、キャッシングなどの返済方法の1つです。

 

リボルビング方式は最近ではお馴染みの返済方法となっていますが、この方式は毎月一定額の決まった金額を返済していくといった方法です。
このリボルビングには元金定額元利定額での返済方法があり、元金定額について説明します。

 

元金定額リボルビング方式では、毎月一定額の元金返済を行います。それに利息分をプラスして返済額が決まるのです。利息は元金によって変動しますので、元金定額リボルビング方式の場合は毎月の返済額が変わるので、自分で計算するのは難しいです。

毎月いくら返済するのかを確認しなければいけません。

 

リボルビング方式での返済は元金が一定の範囲内によって返済額が決まりますので、比較的毎月の返済が楽に行えます。
しかし、そのことによって返済期間が長期的になり利息による負担額が上がります。もちろんキャッシングなどは繰り上げ返済や一括返済などできますので、予定よりも早く返済することも可能です。しかし、返さなくても良いと思ってしまうとなかなか返済ができなくなります。
そのため、リボルビング返済はリスクも高いのです。

 

ただし、同じリボルビングでも元金定額リボルビング方式の方が利息が少なくなります。
元利定額の場合ですと、金利を返済回数で均等に割っていますので、最初のうちは元金が減るペースが遅いです。計算は難しいですが、少しでも負担を少なくしたい場合には、元金定額リボルビング方式を選択しましょう。

 

銀行や消費者金融のキャッシングでは、このようにリボルビング方式となるケースが多いですが、なかには返済方法などを選択できるケースもあります。もし自分で返済方法を選択できるのであれば、少しでも安くなる方法を選択しましょう。もちろん支払いが厳しいような返済方法を選択するのはベストではありませんが、可能な限り早く返済することをおすすめします。

 

元利定額リボルビング方式

3a5dcda6e7e5a9b7a742fc4aa01170ef_s元利定額リボルビング方式は、ローンなどの借入したお金に対する返済の方法の1つで、毎月返済していく金額が、利用金額に変わらず同じ金額を返済していくやり方です。

 

この元利定額リボルビング方式での返済では、決めてある金額の中から利息を計算してまず支払いをします。そのあとに残った金額が元金の返済に充てられる仕組みとなっています。
そのため、毎月いくら元金を減らせるかは不明となっているために、完済までに時間がかかる傾向があります。

 

利息は元金によって計算されますので、高額な借入をしている時ほど利息の金額も高額になります。利息の計算方法は、基本的に元金に金利をかけ、それを一年で割り、さらに一か月分の利息を算出します。そうしてでた金額が利息となるのです。この利息を返済額から引いた金額が元金となるのですが、最初はなかなか元金が減りません。

 

ただし、元利定額リボルビング方式では高額なりがちな最初の頃の支払い額が少額で済むといったメリットもあります。ローンを契約した時点では元金が減っていませんので、利息は高いです。
そのため、元金を定額にしていると利息を含めて高額になり、生活が苦しいといった現状がありますが、この元利定額リボルビング方式を利用すれば最初のうちも安くて済みますので、安心して返済していけるのです。

 

ローンの返済方法は他にもいくつもあり、総合的に支払う金額を算出するうえで、非常に大切なことです。考え方としては、最初に楽をするかあとで楽をするかの違いです。もちろん最終的な支払額も当然変わってきますが、一番無理なく返済していけるということです。

 

そして、途中で追加融資を行わないということも大事です。せっかく苦労して借金を減らしていったのに、また借りてしまっては意味がありません。
キャッシングなどにおいては、借金が減ると利用限度額が増えますので、また利用してしまうケースも多いです。

 

元利定額残高スライドリボルビング方式

2a5e2dabc6c400d3cfd0cb4a68714def_s元利定額残高スライドリボルビング方式は、キャッシングやローンの返済方法の1つとなっており、毎月元金によって一定の返済額を支払っていく方式です。

 

その一定額は、元金返済と利息による支払い額を合わせた金額となっています。

 

また、キャッシングやローンなどで追加融資を行った際には、そのプラスされた分も計算して、その金額に応じた一定額を返済していきます。

 

最近では消費者金融だけでなく一般の銀行などでもキャッシング業務を多く扱っているために、利用する人も増えています。このキャッシングを利用する際には、大抵の金融機関が元利定額残高スライドリボルビング方式での返済方法を採用しています。色々な返済方式を選択できる場合もありますが、この方式のみとしているところも多いです
。そのため、馴染みがある方もいると思いますが、この方式では支払う利息が多くなる、返済期間が長くなるといったデメリットがあります。

 

元利定額残高スライドリボルビング方式では、決められた利用額によって毎月支払う金額が変わってきますが、残高が多ければ多いほど利息が膨らむために、元金返済へと充当する金額が少なくなります。元金がなかなか減らないと利息も当然多くなりますし、期間も長いです。

 

また、クレジットカードでの支払いにもこの元利定額残高スライドリボルビング方式が採用されています。お買い物時に支払い方法を聞かれると思いますが、そこでリボルビングと答えると、そうなります。

 

クレジットやキャッシングを利用している人で、特になにも考えずに利用している人は、1度しっかりと返済方法について考えることをおすすめします。
よく分からずに言われた金額を返済しているだけだと、もっと良い返済方法があっても利用することがありません。すると結果的に、損をしているという状況になる可能性もあるのです。

 

金融会社としては、当然ながら利益が出る方が望ましいですので、教えてくれない可能性もあります。

 

おすすめ記事

関連まとめ