ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > お金 > お金の崩し方

loan_044

お金の崩し方

 お金

更新日:2016年4月1日 679 ローン

お金は1円から10000円まで、種類別の通貨や紙幣が存在します。

 

loan_044誰にでもこういった経験があると思います。今、手元に10000円札しかないので、100円のジュースを買うのに10000円札を使ったことや、立て替えてもらったお金を払いたくても、手元に札しかなくて払えないという経験です。

 

そういった時にお金を崩すことが必要となります。

 

お金を崩すには二通りの意味合いがありまして、一つは完全に両替をすることです。
10000円札であれば、1000円札10枚に、1000円札であれば、100円玉10枚になど、お金だけの等価交換で崩す方法と、コンビニなどで小さい買い物をし、10000円札を出して、小銭と札をゲットする方法です。

 

今の世の中、レジで両替をしてほしいと頼んでしてくれる場所は減りました。その理由としては、犯罪防止のためです。特に外国人が外国紙幣をうまく用いて、何倍もの価値のある日本円を手にすることや日本人でも両替を巧みに使い、お金をだまし取ろうという者もいます。よって、今やどこの店でも両替お断りのメッセージが置かれるようになりました。コンビニで両替対応をしてくれる店は皆無です。

 

よって、お金を崩すには何かを買って崩すというのが、最近のトレンドです。

 

では、お金の崩し方ですが、一番便利なのはコンビニです。コンビニで100円ちょっとのジュースやガムなど買って、10000円札を出せば、すぐに小銭等が手に入ります。銀行の両替手数料みたいにただでお金を取られているのではなく、ちゃんと物も買っているので、実質損はしないです。両替は禁止でも、買い物で10000円を出すことは禁止されていません。

 

そもそも、コンビニがそれをやっては、10000円で買い物する客が減ってしまい、売上が下がり、本末転倒です。また、コンビニは24時間やっているところが良いです。深夜でも早朝でもお金を崩す必要があれば、コンビニで買い物をすれば、対応してもらえます。もっとも、コンビニからすれば、両替が目的では無く売上が目的なので、こちらのニーズと違いますが、利害関係は一致しています。コンビニ以外ですぐにお金を崩せられる場所は、自動販売機です。

 

しかし、10000円に対応している自動販売機は少ないので、1000円札を崩したい時はこちらも使用できます。

 

お金とお金で両替をしてくれる代表的なところは銀行です。

 

しかしながら、銀行は平日の15時までしかやっていませんし、50枚や100枚を超える両替ですと、両替手数料を取ります。時間外で対応してくれる両替機も同じことです。
であれば、何かものを買って崩した方が良いです。

 

両替の手数料も取らず、日時関係なく対応してくれるのはゲームセンターの両替機でしょうか、しかしながら、両替だけでゲームセンターに行くのは、気が引けますし、モラルという面では決してほめられるものではないです。

 

まとめ

 

お金を崩さないといけないシーンは日常必ず遭遇します。しかし、これも事前準備です。
小銭入れに小銭を入れておく、万札だけの状況にならないように普段の買い物で意識するなどで対処できます。どうやるかは考え方次第ですので、色々と考えてお金を使っていきましょう。

おすすめ記事

関連まとめ