ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > お金 > お金がすぐになくなる人の特徴

loan_036

お金がすぐになくなる人の特徴

 お金

更新日:2016年4月1日 861 ローン

loan_036私の知人にはこういった人がいます。
昨日給料日のはずなのに、もうお金がピンチだ。

 

それを聞いて、この人はいったいどういったお金の使い方をしているのだろうと非常に疑問に思ってしまいますが、プライベートなことですので、触れずにはいます。

 

お金がすぐなくなる人は、なんとなく日常の生活を見ていてわかります。

 

先見の明が無かったり、お金に対してだらしなかったりと、ああ、この人なら納得がいくというケースがほとんどです。お金がすぐになくなる原因として、クレジットカードが代表的な例だと思います。クレジットカードというのは、お金が無くても、お金を使えてしまう、言ってしまえば、魔法のカードです。

 

しかしながら、ついついカードを使いすぎて、自分の収入と同等、収入以上の金額を使ってしまった場合、給料後、引き落としがあり、結果、給料日の直後であってもすぐにお金が無くなります。すぐに無くなるのは、本人の自己管理ということもありますが、そもそもお金が無くてもお金を使えてしまうというクレジットカードという仕組みもよくないのです。

 

では、お金をすぐになくさないための対策はどうすればいいでしょうか?

 

一番の方法はクレジットカードを持たないことです。自己管理できない、すぐにお金がなくなって困っている。その原因の一つがクレジットカードだ。という場合、クレジットカードを持つことを辞めましょう。それくらいの覚悟が無いと、一生その負のスパイラルから脱出することはできません。

 

クレジットカードが無いと色々な決済時に不便だという人は、せめてもの救済措置として、カードを持ち歩くのは辞めましょう。これが欲しい、あれが欲しいとなっても、手元にカードが無ければ買うことはできません。財布にお金が無ければ、ものを買うことができないように、カードが無ければ同様にものを買うことができません。

 

クレジットカードはいざという時のために鍵付きの箱にでも入れておけばいいでしょう。

カードの利用回数を減らすだけで、お金がすぐになくなるということは減ります。そして、カードの使用を自粛した後は、財布の中身を極力減らしましょう。前述にもある通り、財布にお金が無ければ、お金を使うことができませんので、これも一つの抑止力です。これをやればお金がすぐになくなるということは無くなってくるでしょう。

 

お金がすぐになくなってしまうと嘆くのではなく、お金がなくならないための仕組みを作るということが大切です。その仕組みを実践し、結果を出すことが大切です。結果が出れば、そのとおりに続けていけば、パターン化されて良い方向へと進んでいきます。

 

まとめ

 

現代は便利な反面、お金が減りやすいという傾向があります。前述のクレジットカードにしかり、ネットショッピングもそうです。お金を簡単に払えてしまうという便利さがお金が流れていってしまう原因となります。それらをどう抑止するか、逆にどううまく使うかで、お金がすぐになくならないよう、便利なものは使えるよう努力していきましょう。

おすすめ記事

関連まとめ