ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > カードローンニュース > 残高スライド方式とは

4adcabdvai

残高スライド方式とは

 カードローンニュース

更新日:2016年5月11日 2,002 ローン

残高スライド方式のメリットとデメリット

残高スライド方式は、リボルビング払いにおける返済方法の1つで、毎月の返済額が残高に応じて変動する方式となります。

 

4adcabdvai残高スライド方式によって決まる返済額は金融機関によって異なりますが、例えば10万円以下なら1万円、20万円以下なら2万円となるのです。当然残高が減れば返済額も減りますし、逆に残高が増えれば返済額も増えるのです。

 

残高スライド方式には月々の返済額が少なくて済むといったメリットもありますが、残念ながらデメリットもあります。毎月の返済額が少なくて良いということは、それだけ残高が減るのも遅いのです。ということはその分利息として支払う期間が長くなり、結果的に支払う金額が多くなってしまうのです。

キャッシングなどを利用した際には大抵この返済方式が採用されています。そのため、キャッシングで高額利用すると、完済までに支払う金額が高額となり、大きく損をしてしまうのです。最初から高額な借入をするつもりだったかどうかは別として、結果として高額利用するなら、銀行などで融資をしてもらったほうが利息は少なくなるのです。

 

リボ払いによる利息負担を軽減する方法はあります。それは繰上げ返済増額返済することです。リボ払いでは毎月の支払いが少ないですので元金が減りません。そこで、元金を一気に減らすために繰上げ返済が有効となるのです。繰上げ返済は全てのお金が元金に充当されますので、利息を減らすための効果が大きいです。

 

一括返済も可能

また、ボーナスなどの臨時収入があった際には、一括返済することも可能です。一括返済することは、今後発生する予定だった利息がなくなりますので、負担がなくなります。

残高スライド方式は、あくまで毎月返済する金額の最低を意味していると考えれば良いでしょう。そのため、それ以上の金額を返済していれば、結果として大きな利息負担をせずに済むのです。

おすすめ記事

関連まとめ