ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

seven eleven

e-net

family mart

lawson

ministop

sunkus

詳細条件を追加する

カードローン比較のまねぞう>プロミス

消費者金融

プロミス

  • 30分審査
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 借入診断
  • 口座開設不要
  • 無利息サービス
  • 内緒で借りたい
  • 土日祝日でも借りたい
  • 15時以降可
  • カードレス
金利 借入限度 審査速度
4.5~17.8% 1~500万円 最短30分
融資速度 必要最低年収
最短1時間 安定した収入
利用可能なコンビニ


  • 《無利息サービス》《web完結もOK》《三井住友銀行をご利用の方にオススメ》
  • メールアドレスとWeb明細利用の登録で30日間の無利息サービス
  • 土日や平日15時以降は、22時*3まで自動契約機で借入可能、三井住友銀行のローン契約機でもOK

16分

の教えて!!
プロミス徹底解説

プロミスのメリットって?

プロミスはお客様対応が良く、不安やわからないことがあれば電話などでしっかり対応している所や、サービスの充実している点から、カードローンを初めて作る方にとっては非常にオススメできます。

勤務先に在籍確認をされたくない

審査の際、プロミスは原則的に勤務先への電話確認は必要になります。ただどうしても事情があり電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

また在籍確認の電話は会社に非通知でかかってきプロミスの名前を出さずに個人名で連絡が来るので消費者金融からの電話と発覚する心配はありません。

カードが要らないカードローン

プロミスは従来だと融資を受ける際、必ずカードの発行は必須でした。しかし、最近になってプロミスは融資の際「カードありか、カード無しを選べる」ようになりました。

カードなしの場合の条件
・返却方法は「口座振替」のみ可能
対応金融機関の口座のみ可能(三井住友、みずほ、ゆうちょセブン等、銀行・信用金庫あわせて200以上対応。)
借入はATM・コンビニなど不可、口座振込のみ

無利息期間

プロミスは初回限定で、借入日の翌日から30日間無利息で利用するできます。少ない借入れだと給料日の日で完済できる見込みがある方にとってはうれしい所です。もし完済できなくても30日分利息は確実に浮きます。

ただし、「事前にメールアドレスの登録」、そして「明細書をweb明細に切り替える」この2つのことをしなければなりません。どちらも簡単に行えるので、プロミスで借り入れるときはぜひやっておくことをオススメします。

ポイントサービス

対象サービス名 ポイント 条件
プロミスポイントサービス申込み 100 初回登録時のみ、
ポイント獲得となります。
プロミス
インターネット会員サービスログイン
10 毎月初回ログイン時のみ、
ポイント獲得となります。
プロミス
インターネット会員サービス内の「プロミスからのお知らせ」の確認
5~20 プロミスからのお知らせ内には、ポイント獲得対象となるものとならないものがあります。ポイント獲得対象となるお知らせにはお知らせ内に獲得ポイント数を記載します。
収入証明書類の提出 160 収入証明書類をご提出いただいた場合に、ポイント獲得となります。
ご返済日
お知らせメール
1 毎月月末時点で対象サービスのご利用をご登録いただいている場合に、各サービスにつき1ポイント獲得となります。
取引確認メール
パソコンまたはケータイによる書面の受け取り
必要ポイント 250ポイント 400ポイント 700ポイント
無利息適用期間 7日間 15日間 30日間
無利息の適用開始 以下のお取引を行った翌日から、お申し込みいただいた無利息期間が適用されます。
・お利息以上のご返済時
・ご完済時は再度のご出金時
プロミスにはポイント制度がありポイントを貯めることができます。ポイントが貯まり使うことによって、提携ATMなどの利用手数料が無料になったり、無利息期間を利用できる様になります。

仮に
プロミスポイントサービスに申込んだ場合100ポイント、
その後収入証明書などを見せた場合160ポイント
合計で260ポイントになります。
この場合すでに250ポイントの無利息適用期間7日間が使用することができるのです。給料日まで利息を抑えたいけど何日か足りない、そのような場合オススメなサービスになります。

これから長くプロミスで借入れを続けていくという方には、申込んでおくべきサービスです。

瞬フリキャッシング

プロミスの融資時間は来店なしで最短1時間で融資を受けることは可能です。この場合はなるべく午前中までに契約し、14:50までに振込キャッシングを依頼しなければ当日中の振込みができなくなってしまいます。

ただ、このことに関しては他の消費者金融も同じなので特に気になりません。例外としてプロミスは振込先として、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を指定すれば、ほぼ24時間いつでも振込みしてもらうことができます。
もし三井住友銀行、ジャパンネット銀行に口座がある場合迷わずプロミスに申込みがおすすめです。

逆にデメリットって?

逆にプロミスのデメリットは下記のような点になります。

まとめる方に不向き

プロミスには、カードローンの他に借換え専用ローンも用意されています。ただ、上限金利はほとんど変わらず高金利です。ですのでおまとめや借り換えには向いていないと言えます。

総量規制の対象に指定されている

基本的に他も同じですが消費者金融は、基本的に総量規制の対象となってしまうので、年収の3分の1を超える金額を借入れることはできません。

どういう方に向いてるの?

プロミスのメリット・デメリットを紹介しました。
それらを踏まえてプロミスはどんな人に向いているカードローンなのかお話しましょう。

在籍確認が不安

職場の人に感づかれるのが嫌、という方は一度プロミスのコールセンターにお電話してみてください。丁寧な対応できちんと相談になって代案を出してくれます。

初めてカードローンを作る

プロミスは、はじめてプロミスを利用する方のみ30日間無利息で融資を受けることができます。ですので、次回給料日までに返済やすぐに返済の見込みがある方におすすめです。

家ですべての手続をしたい

自宅で手続きをやってしまいたい!プロミスなら、下記の手続きをすべてホームページもしくは電話で済ませることができます。
・申込み
・契約
・借入れ
・返済

店舗や無人契約機、ATMに出かけなくてもすべての手続きができるので、お顔を見られたくない方にオススメできます。

他のカードローンとどう違うの?

実際に他の銀行系、消費者金融との違いを知り比較し、あなたにあったカードローンを見つけよう。

金利

サービス 金利 遅延利率
銀行 みずほ銀行カードローン 3.5~14.0% 19.9%
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8~14.6% 14.6%
消費者金融 プロミス 4.5~17.8% 20.0%(実質年率)
アコム 4.7~18.0% 20.0%
アイフル 4.5~18.0% 20.0%
プロミスの金利は年率4.5~17.8%です。

消費者金融の中では平均的ですが、上限金利15%程度、もしくはそれ以下のローンと比べると見劣りしてしまいます。

たとえば3%金利が違うと、支払う利息の総額にどのくらい差がでるのでしょうか。10万円を1年で返済する場合を想定すると、返済総額に3,000円以上の差が出てしまいます。

もし金利の低さを徹底的に追求すると、プロミスのことはあまりオススメできません。

おまとめ・借り換えローン

サービス 金利 限度額 返済可能回数
銀行 みずほ銀行
カードローン
3.5~14.0% 10~1,000万円 -
三井住友銀行
カードローン
4.0~14.5% 10~800万円 -
消費者金融 アコム 7.7~18.0% 1~300万円 162
プロミス 6.3~17.8% 1~300万円 120
アイフル 12.0~15.0% 1~500万円 120
プロミスは「貸金業法に基づくおまとめローン」があります。他の消費者金融と比べてもあまりメリットや目立った所がありません。

もしプロミスでおまとめや借換えを検討しているなら、まずは低金利・高限度額の銀行カードローンからの検討をオススメします。

無利息期間

サービス 無利息期間
銀行 みずほ銀行カードローン 無利息期間なし
三井住友銀行カードローン 無利息期間なし
消費者金融 プロミス 初回借入日の翌日から
30日間
※メールアドレス登録と
Web明細利用の登録が必要です。
アイフル 契約日の翌日から30日間
モビット 無利息期間なし
プロミスではプロミスを初めて利用する方でなおかつ通常のキャッシングローンを利用する方には、初回借入日の翌日から30日間、無利息で借入れできます。仮に、無利息期間中に全額返済することができれば、支払う利息は当然ゼロです。

融資スピード

サービス 振込時間 時間
三井住友銀行&
ジャパンネット銀行
瞬フリ 0:00~24:00(瞬フリ)
その他銀行 平日 9:00~14:50(瞬フリ)
土日祝日 0:00~24:00(翌営業日9:30頃)
プロミスでは瞬フリキャッシングというサービスがあり、三井住友銀行またはジャパンネット銀行の2つの内どちらかを持っていれば、深夜でも、土・日・祝日でも24時間最短10秒で瞬時に振込みをすることができます。

プロミスの詳細情報

プロミス基本情報

特徴

《無利息サービス》《web完結もOK》《三井住友銀行をご利用の方にオススメ》

メールアドレスとWeb明細利用の登録で30日間の無利息サービス

土日や平日15時以降は、22時*3まで自動契約機で借入可能、三井住友銀行のローン契約機でもOK

実質年率 4.5~17.8%
限度額 1~500万円
審査回答時間 最短30分
手数料・年会費 無料
臨時返済 随時、臨時返済可能です
遅延損害金 遅延利率:実質年率20.000%
返済期日 毎月一定日
返済方法 残高スライド元利定額返済方式
返済期間・回数 最終借入後原則最長6年9ヵ月・1~80回
提携CD/ATM プロミスマークが貼ってある、全国の提携ATMでご利用いただけます。
総費用の代表例 10万円を30日間お借入れの場合お利息は1,463円
備考 ※1メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。 ※2平日14時までにWEB契約完了が必要 *3一部21時もあります。

プロミス融資条件

年齢条件 20歳以上 69歳以下
申込条件 満20歳~69歳迄で、ご本人に安定した収入がある方。パート・アルバイトの方もOKです。
地域 全国
資金用途
担保 不要
保証人 不要
必要書類 運転免許証(運転免許証をお持ちでない方は、パスポートをご用意ください) ※外国籍の方は、「在留カード」または「特別永住者証明書」(法令により、有効とみなされる期間内は外国人登録証明書を含む) をあわせてご用意ください。 ※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)が必要です。 ※個人事業主の方は確定申告書(写し)等が必要です。
金利限度額
4.5~18.0%500万円
融資速度
最短1時間

《無利息サービス》《web完結も可》《低額貸付のご利用にオススメ》

はじめてかつ、通常のキャッシングローンのご利用で、最大30日間無利息

金利限度額
4.5~18.0%500万円
信用保証機関
新生フィナンシャル㈱

《無利息サービス》《銀行カードローン》新生銀行の口座開設は不要です

初めての方には「5万円まで180日間無利息」と「30日間無利息」の2つの無利息ローン

金利限度額
3.0~18.0%800万円
融資速度
最短1時間

《無利息サービス》《web完結も可》

はじめてのご利用で返済期日を「35日ごと」に設定すると、最大30日間金利がゼロに