ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

seven eleven

e-net

family mart

lawson

ministop

sunkus

詳細条件を追加する

カードローン比較のまねぞう>アコム

消費者金融

アコム

  • 30分審査
  • 即日融資
  • 来店不要
  • 保証人不要
  • 借入診断
  • 口座開設不要
  • 無利息サービス
  • 内緒で借りたい
  • 土日祝日でも借りたい
  • 15時以降可
金利 借入限度 審査速度
3.0~18.0% 800万円 最短30分
融資速度 必要最低年収
最短1時間 安定した収入
利用可能なコンビニ


  • 《無利息サービス》《web完結も可》
  • はじめてのご利用で返済期日を「35日ごと」に設定すると、最大30日間金利がゼロに
  • 15時過ぎても無人契約機なら22時まで審査と契約及びカード発行が可能です*

14分

の教えて!!
アコム徹底解説

アコムのメリットって?

アコムのメリットはなんといっても融資までのスピードが早いことです。

・店頭受付 ・無人契約機
・電話連絡 ・インターネット申込み

申込方法のうちどれを選んでも、最短1時間で融資を受けることができます。

店頭受付、無人契約機

アコムの店頭受付や無人契約機(むじんくん)で申込む場合、最短で30分~40分、混雑時でも申込みから契約まで約1時間程度で完了します。

また事前にホームページや電話で申込んである場合は、来店後さらに時間が短縮されすぐに受け取ることができます。

そして、契約完了後はカードが発行されるので、すぐにATMから借入れできます。

電話連絡、インターネット

電話やインターネットを使えば申込み、契約まで完結できますその場合、融資は指定した金融機関に振込みでの融資がおこなわれます。申込みから契約までの時間は店頭受付、無人契約機と比べると長くなってしまい、約1時間程度かかります。

振込みでの融資の場合
注意点として融資は銀行の営業時間である15時以降は振込が翌営業日に持ち越しとなってしまいます。

ただし…
銀行名 対応曜日 対応受付
時間
振込みまで
時間目安
銀行 楽天銀行 祝日を含む曜日 0:10~23:50 受付から1分
三菱東京UFJ銀行
ゆうちょ銀行
三井住友銀行
平日のみ限定 9:00~18:00 19時までに振込み反映
振込先が上記の表の銀行の場合、平日18時までに振込融資の依頼を完了させれば当日19時までに振込みが反映されます。
※初回のみ可

また楽天銀行に預金口座がある場合、アコムで申込みをするといつでもほぼ確実にその日に融資を受けることができます。

申込みから借入れまでの流れ

携帯、スマートフォンやパソコンから申込めるので直接店舗に行かなくても大丈夫です。
ここではインターネットを利用した場合の借入例です。

・カードローン申込み
アコムのホームページで申込み画面で必要事項を記入し、送信するだけで申込み完了です。

・本審査、在籍確認
本審査が進み、次に在籍確認が行われます。在籍確認は、銀行や貸金業者の担当者が勤務先に連絡しますが、この時アコムの利用がバレないように個人名にて連絡します。申込者が勤務先に在籍しているかの確認をとります。ここまで来るとほぼ審査は可決とみて大丈夫です。

・契約
アコムの審査が完了後、「契約手続きのお願い」というメールが届きます。契約内容を確認し、「同意」をクリックすると契約が完了します。

・借入れ
ホームページから会員ページにログインし、振込み融資を申込めば、指定の口座に振込みで融資してもらえます。これで借入は無事完了です。

審査時間

アコムの審査時間は申込方法によって変わりますが、最短30分でとなっております。

電話から申込む場合はその場で仮の審査結果を教えてくれます、あくまでも仮審査で、正式な審査結果とは違うのでご注意ください。

アコムの審査回答時間は、電話連絡の場合365日24時間審査可能です。無人機のご利用で祝日含む全曜日9:00~21:00です。21時以降にに申込んだ場合、審査回答を得られるのは早くとも翌営業日の9時以降ということになってしまいますのでご注意ください。

逆にデメリットって?

逆にアコムのデメリットは下記のような点になります。

借入れ限度額が低い

アコムの借入れ限度額は1~800万円なので、一般的に銀行カードローンだと800万円や1,000万円の限度額を用意しているところがあり、それらと比べると見劣りします。

ただ、最初から限度額いっぱい借りられる人はいないので、それほど気にする必要はないです。

利率が他社と比べ少し高い

アコムの金利は年率3.0~18.0%。消費者金融の中ではわりと平均的なのですが、銀行カードローンの金利が約15%に比べると高めになってしまい返済額が多くなってしまいます。

総量規制の対象に指定されている

アコムに限らず他の消費者金融は、基本的に総量規制の対象となってしまうので、年収の3分の1を超える金額を借入れることはできません。

まとめる方に不向き

アコムには、カードローンの他に借換え専用ローンも用意されています。ただ、上記で述べた通りいずれも上限金利18.0%の高金利です。ですのでおまとめや借り換えには向いていないと言えます。

どういう方に向いてるの?

アコムのメリット・デメリットを紹介しました。
それらを踏まえてアコムはどんな人に向いているカードローンなのかお話しましょう。

はじめてアコムを利用する

アコムには、初回限定30日間金利ゼロサービスがあるので、アコムを初めて利用する方には非常におすすめです。

仮に30日以内に完済すれば、支払う利息はゼロ円になります。

急な出費で急いで借りたい

アコムは融資速度が売りであるため、急ぎでお金が必要!と言う場合には、下記のうちいずれかの申込方法なら、最短1時間で融資を受けることができます。

・店頭受付
・無人契約機
・電話連絡
・インターネット申込み

振込みによる融資を希望する場合は、平日ギリギリで14時まで振込先の銀行によっては平日18時までに契約と振込融資の依頼まで済ませなければならないので、早めに時間に余裕を持って申込みましょう。

家ですべての手続をしたい

自宅で手続きをやってしまいたい!アコムなら、下記の手続きをすべてホームページもしくは電話済ませることができます。

・申込み
・契約
・借入れ
・返済

店舗や無人契約機、ATMに出かけなくてもすべての手続きができるので、お顔を見られたくない方にオススメできます。

他のカードローンとどう違うの?

実際に他の銀行系、消費者金融との違いを知り比較し、あなたにあったカードローンを見つけよう。

金利

業者名 金利 遅延利率
銀行 みずほ銀行カードローン 3.5~14.0% 19.9%
三菱UFJ銀行カードローン 1.8~14.6% 14.6%
消費者金融 プロミス 4.5~17.8% 20.0%(実質年率)
アコム 3.0~18.0% 20.0%
アイフル 4.5~18.0% 20.0%
アコムの金利は年率3.0~18.0%です。

消費者金融の中では平均的ですが、上限金利15%程度、もしくはそれ以下のローンと比べると見劣りしてしまいます。

たとえば3%金利が違うと、支払う利息の総額にどのくらい差がでるのでしょうか。50万円を3年で返済する場合を想定すると、返済総額に2万6,000円以上の差が出てしまいます。これは大きいですね!

もし金利の低さを徹底的に追求するなら、
アコムのことはあまりおすすめできません。

借入れ限度額

業者名 限度額 金利
銀行 みずほ銀行カードローン 10~1,000万円 3.5~14.0%
三井住友銀行カードローン 10~800万円 2.5~14.5%
消費者金融 プロミス 1~500万円 4.5~17.8%
アコム 1~800万円 3.0~18.0%
モビット 1~800万円 3.0~18.0%
アコムの借入れ限度額は1~800万円です。
1,000万円や800万円などの銀行系カードローンと比べると少ない気もしますが、消費者金融のなかでは比較的高い方です。

カードローンに慣れてくると限度額は高ければ高い方が良いと思ってしまいがちですが、一番重要なのは今自分に必要な金額ということを忘れないで下さい。

借入方法

業者名 振込みに借入れ 提携ATMからの
借入れ
当日中の
借入れ
申込方法
銀行 楽天銀行スーパーカードローン 可能 電話・インターネット 三井住友銀行
セブン銀行
イオン銀行
ローソンATM
E-net
じぶん銀行
じぶんローン
可能 電話・インターネット 三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
ゆうちょ銀行
ローソンATM
E-net
消費者金融 アコム 可能 電話・インターネット 三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
セブン銀行
ゆうちょ銀行
ローソンATM
E-net
プロミス 可能 電話・インターネット 三井住友銀行
セブン銀行
ゆうちょ銀行
ローソンATM
E-net
アイフル 可能 電話・インターネット 三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
ゆうちょ銀行
ローソンATM
E-net
アコムなら上記の通り提携ATMが多いので借入れが便利です。

おまとめ・借り換えローン

業者名 金利 限度額 返済可能回数
銀行 みずほ銀行
カードローン
3.5~14.0% 10~1,000万円 -
三井住友銀行
カードローン
4.0~14.5% 10~800万円 -
三菱東京
UFJ銀行
カードローン
1.8~14.6% 10~500万円 -
消費者金融 アコム 7.7~18.0% 1~300万円 162
プロミス 6.3~17.8% 1~300万円 120
アイフル 12.0~15.0% 1~500万円 120
アコムは限度額が300万円なので他と比べ特別高いわけではありません。「返済回数が長い」という特徴がありますが、返済期間が長引くと、月々の支払額は下がりますが、その分支払う利息も大きくなります。

もしアコムでおまとめや借換えを検討しているなら、まずは低金利・高限度額の銀行カードローンからの検討をオススメします。 <

アコムの詳細情報

アコム基本情報

特徴

《無利息サービス》《web完結も可》

はじめてのご利用で返済期日を「35日ごと」に設定すると、最大30日間金利がゼロに

15時過ぎても無人契約機なら22時まで審査と契約及びカード発行が可能です*

実質年率 3.0~18.0%
限度額 800万円
審査回答時間 最短30分
手数料・年会費 無料
臨時返済 いつでも臨時返済は可能です。 手数料は無料です。
遅延損害金 年率20.0%
返済期日 毎月1回または1回の支払につき35日以内
返済方法 定率リボルビング方式
返済期間・回数 1回の支払につき35日以内または毎月払い
提携CD/ATM 全国の提携CD・ATMでご利用・ご返済が可能です
総費用の代表例 10万円を30日間ご利用(実質年率18.0%)の場合お利息は1,479円
備考 ※一定の収入があれば、審査の上融資可能 ※20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能(※未成年者は親権者の同意が必要です)。*営業時間は一部異なる場合もございます。

アコム融資条件

年齢条件 20歳以上 69歳以下
申込条件 満20歳~69歳の安定した収入のある方が対象です。
地域 全国
資金用途
担保 不要
保証人 不要
必要書類 健康保険証・運転免許など、本人を証明するもの(写し) ※50万円超は源泉徴収票等収入を証明するものが必要(慎重審査) ※個人事業主の方は確定申告書(写し)等が必要となります。
金利限度額
4.5~18.0%500万円
保証会社
新生フィナンシャル㈱

《無利息サービス》《銀行カードローン》新生銀行の口座開設は不要です

初めての方には「5万円まで180日間無利息」と「30日間無利息」の2つの無利息ローン

金利限度額
4.5~18.0%500万円
融資速度
最短1時間

《無利息サービス》《web完結も可》《低額貸付のご利用にオススメ》

はじめてかつ、通常のキャッシングローンのご利用で、最大30日間無利息

金利限度額
3.0~18.0%800万円
融資速度
当日融資※

三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座をお持ちの方はWEB完結申込が可能!

10秒簡易審査結果表示では、お客様情報、お勤め先、希望額などを入力するだけで、融資の可否と利用限度額が表示されます。