CIMG3410_R

Bose のノイズキャンセル イヤーマフ遮音性能比較

 豆知識・裏ワザ

更新日:2018年2月18日 394 views

■毎日作業に集中できてますか?

さて今回は夏休みでもなく冬休みでもなくお得なキャンペーンみたいなものが少し減っているので、いつものキャンペーンなどの情報とは違って別のことを書いてみます。

 

普段、何か作業をしている時は皆さんは集中できていますか? デスクワークでパソコンに向かっている人、工場の騒音の中で仕事をしている人、いろいろいると思います。

 

自分の場合は集中力があまりありません。 とあるサプリメントを飲んでから日中に眠くなることは減って何かしていられる状態が長くなったのですが集中力は散漫。

 

そして鼻づまりで蓄膿っぽいのでボーっと頭がしてますが、さらにいつもあれこれをしてと複数の事をしようとしてしまうので気が散ってしまっています。

 

 

kafun_bottoshiteru

 

 

 

■作業集中の答えはイヤーマフ?

意識がいろんなところに散らばっていて精神的な落ち着きが足りない、そんな状態です。 集中力をもっとアップさせたいとずっと何年も前から思っていました。

 

それで何年もかかけていろんなことを試してきました 。それで行き着いた先がイヤーマフというものを装着することです。自分が使いだしたのは5年以上前になります。

 

イヤーマフというのは芝刈り機とか射的とか工場とかこういった騒音から耳を守るために装着するものです。見た目はそのままヘッドホンという感じですが音楽は聴けません。

 

その頃はまだ芝刈り機とか射的をするような人が使うようなイヤーマフがとても多かったです。そして遮音性能の高さが大事なので締めつけ感の強い物ばかりの印象でした。

 

それでも室内の日常生活で試したくなって購入しました。今まで何個か購入しましたが最初の装着は感動しました。付けた瞬間から細かい雑音がほぼ消えてしまうのです。

 

イヤーマフはお金と関係ない、節約にもならない、という感じがしますが装着する事で物事に集中できて結果的に作業が捗ったりして収入が上がる可能性も高いです。

 

starter_man

 

 

■生活のあらゆる音のストレスから解放される

イヤーマフを装着するだけで集中力がアップして自分の世界に入り込めます。目の前の事に没頭しやすくなるのです。 当時は圧迫感の強い物が多かったですが最近は多様です。

 

子供用も多いですし、勉強用向きの圧迫感がそこまで強くなくて2時間とか平気でそのまま装着していられるようなイヤーマフも増えてきています 。しかも値段が結構安い。

 

1個1600円程度で買えるようなイヤーマフもいくつもあります。あまりにも気に入って長く使ってたら踏んで1個壊し、それから常に2個は近くに置くようにしています。

 

これがあれば 芝刈り機の音とか掃除機をかける時も自分で装着して音を減らせます。掃除機の持ち手にかけておいて掃除の時に使うというのも意外と良いのでは?

 

近くでうるさい選挙の車がずっと走っていても騒音を減らすことができます。パソコンのファンの音もかなり消えてしまいます。人の声は何か言ってるなと分かります。

 

圧迫感もある程度減って長く付けていられる物も増えてますが、ただしそのまま寝ることはやはりできません。 ずっと真上を向いて寝ている人ならば大丈夫だと思いますが。

 

 

souon_rinjin

 

 

■BOSEのノイズキャンセリングをゲット!

イヤーマフは値段が手頃なものが増えたので2、3個持っているのですがちょっとした疑問がありました。それは騒音といえばもう一つ思い浮かべるものありませんか?

 

そうですBOSEのヘッドホン、イヤホンについているノイズキャンセリングです。 イヤーマフを買う前にボーズのヘッドホンを買ってみようかと思ったことがありました。

 

しかし当時値段がとても高かったのでそのままにしていました。口コミを見るとボーズのノースキャンセリングは凄い、つけた瞬間から雑音が減ってしまうなど絶賛。

 

どのくらい凄いのか気になりつつイヤーマフがあるから別にいいやと思っていたのですが、最近ネットでいろいろ見ていたら中古でかなり安く買うチャンスがありました。

 

通常ならば1万円以上しそうな状態のものが3000円で買えるチャンスがあったので買ってみました。 最初は値段の付け間違えでキャンセルされると思っていましたが届きました。

 

 

auction_happy

 

 

この値段ならば買った値段以上で売ることもできるので損もありません。ボーズのヘッドホンというのは音質もそこそこ良くて低音が良いとかそういったことも言われています。

 

それにノイズキャンセリングの効果がついているんですから一度は試してみたかったというのも本音です。音楽も聴けてノイズも減らせる。やっと試せる時が来たぞ・・。

 

今回は bose のノイズキャンセリングの効果とイヤーマフの遮音性能の効果どっちが高いのか比較してみました。ちなみにBOSEの quiet comfort 25というものです。

 

こちらがそうです。かなり綺麗で値段がつけ間違えかというくらいお得に買えました。滅多にない事ですがこういう事もあるんですね。でもすぐに汚してしまいそう。

 

 

CIMG3408_R

 

右側にスイッチがあって単4電池を1本入れてスライドさせると緑色に光ります。これがノイズキャンセリングが効いてる状態なんだとか。この状態VSイヤーマフです。

 

CIMG3409_R

 

 

今はquiet comfort 35というものが登場していてワイヤレスでノイズキャンセリングがあって音もそこそこ良いと人気がありますが値段が2017年秋でも36000円とかします。

 

今回購入した quiet comfort 25というのはノイズキャンセリングがあって音質もそこそこ良いのですが、ワイヤレスではなくてコードを繋いで使うものです。ここが大きな違い。

 

ヘッドホンの右側にあるボタンを押すとノイズキャンセリングが 使え音楽を聴かなくてもこのノイズキャンセリングというものだけで使うこともできます。便利です。

 

 

 

 

■イヤーマフ その1 
そして今回このBOSEのノイズキャンセリングと遮音性能を比較するために用意したイヤーマフが2つほどあります 。ひとつが3M peltor x1 a という物です。バッタみたい。

 

ここの3Mはいくつかのイヤーマフが販売しています。その中で今回使うものは シリーズの中で遮音性能が一番低い物になるのですがそのぶん締め付け感が少ない。

 

ですので長時間つけていられるらしいです。 一度どれがいいのか問い合わせたことがあるのですが勉強とかデスクで使うにはこちらをお勧めしますと言われました 。

 

やはり遮音性能が高くても圧迫感が強いと長く使えないのでその言葉を参考にして購入しました。 こちらは箱が潰れた状態の物をアウトレットで1600円程度で購入しました。

 

このイヤーマフは かなり使っていますが 1~2時間そのままつけていることも自分は可能です。 そして遮音性能というのも意外とシリーズ最低と言いつつ結構高いです。

 

1時間半~2時間くらいそのまま装着してると1度外したくなります。耳にジワッとしたものを感じて外して耳を拭きたくなりますし、その頃、少し痛く感じはじめます。

 

 

CIMG3410_R

 

 

 

 

■イヤーマフ その2

そしてもう一つのイヤーマフが アバンテックと書いてあるのですがこちらがメーカー名になります。見た感じ分厚いイヤーマフでこれを装着している所は見られたくない。

 

しかし室内で自分一人しかいない場合とかは大丈夫。 こちらのイヤーマフは値段がかなり良心的で新品で1700円程度で購入できました。 こちらも結構使って活躍しています。

 

長時間つけていても耳がすっぽり空洞に入るのであまり痛くなりません。先程の緑色のイヤーマフよりも若干、個人的にはこちらのほうが耳が痛くなりにくいかもしれません。

 

耳がじわっと汗ばんで痒くなるというのも少なめ。でも僅差。かなり分厚くなっていて見た目は違和感ありますが遮音性能というのはかなり高い部類に入りそうです。

 

本当に装着すると勉強も目の前の作業も3割くらいよけいに集中できる感じが自分はします。スタイリッシュでなくなにこれ~と言われる形なの人目の多い外出先とかは厳しい。

 

 

CIMG3411_R

 

 

 

今回はこの二つのイヤーマフと bose のノイズキャンセリングの効果を比べてみます。ちなみに比べるといってもプロではないので専門的な道具というものはありません。

 

騒音計と呼ばれるような物もないので感覚的にどうか自分の耳を信じてそれを言葉で書くだけになってしまうのでデータ、数値というのはありません。その辺はご了承ください。

 

 

 

 

雨の日に車の通る道路の騒音

 

 

雨の日に車の通る道路の騒音 VS BOSEのノイズキャンセリング

 

雨は結構降っていて車もそこそこ走っている状況です。 まずはBOSEのノイズキャンセリングをつけてみました。 ノイズキャンセリング機能をオンにすると・・・

 

頭の中が一瞬ですっきりクリアになるような感じがします。装着感はかなりソフトで耳の圧迫感は全くと言っていいほどありません 。何時間でも大丈夫です。

 

そしてノイズキャンセリングをオンにして雨の降っている道路で車の通る音をしばらく聞いてみたのですが 雨の音は正直小さくなってそのままある程度は聞こえています。

 

そして道路を走る車の音ですが、 これが他のイヤーマフと特に違うなと感じたのですが車の走行音の低い音がだいぶカットされているのです。これが一番の特徴です。

 

低い音がほぼ消えて少し高めのサーというような雨の道を走る音が小さくなって聞こえます。外の雨、車の音は体感的に8割くらい減ったのかなあという印象です。

 

雨が降っていない室内の中でもノイズキャンセリングをつけると静かな場所でも小雨の中にいるようなホワイトノイズがします。これがノイズキャンセリングの特徴のようです。

 

ノイズキャンセリングのある物の値段は中古で古い型番のは4000円ぐらいから、新しい物で新品で36000円ぐらいまでで値段の幅は広めに感じます。でも音楽も聴けますからね。

 

tenki_mark02_ame

 

 

雨の日に車の通る道路の騒音 VS   3M  peltor x1s  

 

さて続いて使ってみたのが緑色の3Mの peltor x1s  結構、雨が降っている中、道路で車もそこそこ通る状況でこのイヤーマフをつけてみるとやはりだいぶ音は一瞬で減ります。

 

しっかり締め付ける感じである程度の圧迫感は今回試した中では一番感じます 。ただ不思議とあまり痛く感じません 。しかし1.5時間くらいで一度は外したくなるはず。

 

外すと言っても30秒してまた付けるというだけでも良し。最初のほうに書きましたが長くつけていると痛み、そして耳にちょっと汗をジワッとかき拭きたくなってきます。

 

実際これをつけてみて音がどうなったのかと言うと、 bose のノイズキャンセリングに比べて雨の音は少し目立たなくなっている気がします。その代わり車の低い音はそのまま。

 

低い音としてその音が小さくなっているという感じがします。 bose のノイズキャンセリングは低音をカットするのが魅力的で優れているのかなと感じます。

 

元の騒音の数値が10だとしたら2くらいまでは減ります。 bose のノイズキャンセリングのほうが全体的に音全体はカットされているような感じがしますが僅差の良い勝負。

 

ストレスを感じないくらい雑音が消えました。値段も3000円程度と手頃なので音楽は聴こえなくてもいいから騒音をカットしたいという人は結構使えそうなアイテムです。

 

tenki_mark03_gouu

 

 

 

雨の日に車の通る道路の騒音 VS アバンテックイヤーマフ

 

さて、その次に使ってみたのがアバンテックの大きいイヤーマフです。厚みがかなりあって分厚いのでこちらのほうが見た感じも遮音性能がとても最強クラスに高く感じます。

 

実際にこちらを雨が降る車が走っている道路近くで装着してみると遮音性能はやはり結構高いです。 bose のノイズキャンセリングとほとんど互角ぐらいには感じます。

 

BOSEの場合は道路を走る車の低い音がカットされ静かに感じます。こちらの場合もBOSEと同じくらい騒音がカットされていますが先程同様、道路を走る車の音の低い音はそのまま。

 

低音がそのまま小さくなってます。ですので車の音はBOSEより少しだけ目立つ気がしました。でもほとんど互角。そしてこれだけ分厚いですが意外と締め付け感が少なめ。

 

先ほどの緑の薄型のイヤーマフと比べても個人的にはこちらの方が耳が痛くなりません 。耳が汗ばむ事も少なめ。ややこちらの方が3Mの物より遮音性能が高い気がします。

 

車の音はBOSEのほうが低音カットで目立ちませんでしたが、雨の音というのはBOSEのノイズキャンセリングに比べるともう少し目立たなくなってる気がします。

 

 

tenki_mark04_kasa

 

 

■雨の日の車の通る道路対決まとめ

 

雨の日の車の通る道路対決ではそれぞれに良さを感じました。 値段の部分で考えたらアバンテックのイヤーマフが1600円とか1700円とかその程度で買えて圧勝。

 

装着した時がちょっと変な感じがして見られるのが恥ずかしいのですがこの値段でここまで遮音性能が高くて さらに耳の圧迫感もそこまで感じないのは優秀だと思います 。

 

イヤーマフの緑の3Mも捨てがたいです。こちらは薄型なので装着しててもあんまり違和感がなくて変な感じもせず笑われにくいです。軽く持ち運びもしやすいです。

 

この二つのイヤーマフがBOSEと比べると雨の音を消すという部分では優秀。しかしBOSEのノイズキャンセリングは雨の道路で車の響く低音はかなりカットされます。

 

そしてBOSEの場合は耳が全く痛くなりませんし 何よりもノイズキャンセリングを使いながら音楽を楽しめるというのがメリットです。しかし値段は一番高くなりそう。

 

どれも騒音が10→2ぐらいまで下がり僅差ですが順位をつけるなら一番はBOSEノイズキャンセリング、2番はアバンテック、3番目が緑色の ペルターといった感じです。

 

 

 

 

■パソコンのファン系の音はどうか

さて雨の日の車の通る音というのも良いのですがもう一つ気になるのがパソコンのファンの音です。デスクで仕事をしていてパソコンのファンが唸って困ってる人も多いのでは?

 

それについても試してみました。換気扇だとか冷蔵庫の稼働音とか除湿器こういったのも似た感じだと思うので今回はパソコンのファンの音で試してみようと思います。

 

元々、自分の持っているパソコンというのはそこまで性能の良いも物ではないので動画を高画質で2つぐらい開くとファンが結構唸りだします 。タブ3個と動画1つくらいでも。

 

わざと2つ動画を開いて高画質にしてみてみると予想通りファンがブワ~ッと鳴り出しました。 この状態で試していきます。どれがこういった音に効果があるのでしょうか。

 

computer_monku (1)

 

 

 

パソコンのファンの音 VS BOSEノイズキャンセリング

 

パソコンのファンを鳴らし、ノイズキャンセリングのスイッチを オンにしてみました。 そうするとだいぶ静かになります 。静かにはなるのですがファンの音は聞こえます。

 

8割ぐらいカットされているように感じますが 、ファンの音はそのまま残って小さくなっている感じです 。小さく聞こえてるだけでストレスに感じるほどの音には感じません。

 

もしかしたらノイズキャンセリングは先程の車の例もあるように低い音を中心にカットしてパソコンのファンのような高い音はそのまんま小さくなるのかもしれません。

 

パソコンのファンの音がもうちょっと低い音が出ていればもっとカットされているかもしれませんね。でもだいぶ目立たなくなります。8割くらいはカットしました。

 

 

 

パソコンのファンの音 VS 3M  peltor x1s  

 

そして今度は緑色の3 Mのイヤーマフでパソコンのファンの音を聞いてみます。こちらを装着してパソコンの唸るファンの音を聞いてみたのですがちょっと驚き・・・。

 

bose のイヤーマフよりも騒音がカットされてるように感じました。 bose のノイズキャンセリングもかなりカットしていたのですがファンの音がもう少し聞こえます。

 

こちらはほぼ消えてしまいます。外の騒音が10なら装着して1.3くらいまで騒音が減ってるような気がします。なかなか優秀。1時間以上の長時間着用は少し耳周辺が痛くなります。

 

 

 

パソコンのファンの音 VS アバンテックイヤーマフ

 

そして最後がアバンテックの分厚いイヤーマフです。これを装着して唸るファンの音を聞いてみると結果的にはこちらが一番ファンの騒音をカットしているように感じました。

 

BOSEのノイズキャンセリングよりもファンの音は聞こえません。 そしてグリーンの先ほどのイヤーマフと比べるとほとんど互角なのですがほんの少しだけこちらの方が上。

 

ほとんどパソコンのファンの音はもう消えかけています。ファンの音の騒音が10だとしたら1.0くらいまで減ってる印象。 パソコンファン対決ではアバンテックが優勝かな。

 

値段を考えると一番安いですし優秀ではないでしょうか。 装着しているところを見られても平気というような人は一個買っておくと良いですよ。意外と長時間いけます。

 

何かするときに装着するだけで何割か集中力がアップします。 こういったものを装着すると同時に音楽を聴くことなどができなくなりますが逆に良いのかも。

 

youtube を見ても音が全く聞こえません。 ですが何か勉強したり作業するときはイヤーマフをつけてしま事で音楽を聴いたり youtube を見てサボろうという気分も減ります。

 

 

business_sabori_pc

 

 

■パソコンのファンの音対決めとめ

パソコンのファンの音対決では一番高価なBOSEのノイズキャンセリングよりも、一番安いアバンテックのイヤーマフのほうが遮音性能は良く感じました。優秀です。

 

値段も1,700円前後。似た形状の物なら同じくらいの遮音性能がありそうです。結構、長く装着していられます。ただしBOSEもストレスに感じないくらいは音をカットします。

 

そして耳は全く痛くなりませんし音楽も視聴できます。ノイズキャンセリングをオンにして音楽を視聴するとクリアに聴こえます。この状態ではファンの音を忘れます。

 

音楽が視聴できなくて良いのならイヤーマフがコスパも最強。見られる事が恥ずかしくないならアバンテックが最安で遮音性も一番。見た目を気にするなら3Mが良いです。

 

 

 

■まとめ
今回は お得とかそういった記事とはちょっとかけ離れてしまいましたが 作業に集中するということを考えればそれによって収入が上がったり仕事が効率化されます。

 

ですので書いてみました 。自分の場合1日に8時間とか最近は装着することが多くなっているのでかなり重要なものです 。BOSEのノイズキャンセリングとイヤーマフ・・

 

どっちが良いのかなと気になってる人も多いのでは?結果的にはどれも似たくらい雑音は消えました。BOSEの場合は低い音がよくカットされ、高い音は小さく減りました。

 

イヤーマフは低音は小さくなり、雨の音、ファンの音など高音もよく遮音してます。パソコンのファンがうるさい、音楽は聴けなくていい、作業に集中したいならイヤーマフ。

 

ちなみに quiet comfort 3と言う ものも視聴したことはあるのですがこちらのノイズキャンセリング効果はそこまで感じませんでした。 最新の35の物も試したことはありません。

 

 

※掃除機にひっかけておいて使うときに装着するのもおすすめ

 

 

今回登場した商品 アフィリエイトリンクなし。

 

Bose QuietComfort 25 Acoustic Noise Cancelling headphone  この白バージョン

 

http://amzn.to/2gPyNPu

 

 

3M Peltor Xシリーズ X1A 22dB  緑

http://amzn.to/2gPxWhy

 

 

アバンテック  青 類似形状の物は他にもあり

http://amzn.to/2gPaOQh

 

 

 


おすすめ記事

関連まとめ

computer_net_stalker_man_R

個人のニュースサイトが増加 その心理を考察

■個人ブログでニュースを掲載する人の目的とは? 最近ネットを見てみるとテレビや新聞、週刊誌などがニュー...

変換ebook_reader

欲しい本は賢く節約して読もう

■本離れ?その理由は・・・ 読書離れとか本離れなんて事を言われてかなりの年月が経過します。CD離れとほ...

変換no_man

勧誘がしつこい!! その有効的な対策

■勧誘に現在困ってませんか? 現在、勧誘などに困っていますか?物やサービスが溢れる時代になってますが、...

変換couple_setsumei

節約はどこに力を入れるべき? 家・車・固定費・消耗品・・

■求人倍率は改善されたが、将来的には心配 少し前に有効求人倍率が上がったとTVのニュースでやっていました...

変換vacation_drive

ライドシェアってどんな仕組み?

■シェアという言葉の露出度が増えてきた シェアという言葉をよく見かけるようになりました。これも時代です...

byouki_genchou_R

事故物件ってやはり怖い? お得?

■事故物件ってどう思いますか? なんだか怖そうなタイトルを付けてみましたが、ここ数年事故物件の話題が定...

CIMG3410_R

Bose のノイズキャンセル イヤーマフ遮音性能比較

■毎日作業に集中できてますか? さて今回は夏休みでもなく冬休みでもなくお得なキャンペーンみたいなものが...

sekaichizu

Amazonで横行する中国出品の虚偽のクチコミ

■Amazonは2017年は問題が表面化 Amazonは利用者としては便利ですが最近というか2017年に入ってから問題もか...

searchbox08_R

お金をかける部分 他の人の声を参考にしよう

■一部では景気がよく 多くは貧乏 最近は求人も多くなったとか、ボーナスが過去最高でバブル並みの水準にな...

変換wedding_syukufuku

仏滅挙式がお得らしい 他にも割引がいろいろ

■結婚式に高いお金をかけても3組に1組は離婚 今回はまさかの結婚ネタになってしまうのですが、まだ未婚の人...