定期預金比較のまねぞう > 預金の基礎知識 > 総合口座預金とは

総合口座預金とは

預金の種類に総合口座定期預金というものがあります。

通帳を開いて見ると中に定期預金の欄があります。通常この預金の横にカッコ書きで
(担保明細)等と書かれています。借入なんかした事無いし借りる気もしない、と思われた方もいらっしゃるかもしれません。
今回この総合口座定期預金の上手な使い方をご説明致します。

deposit_002

<総合口座預金は借入?>

昔、銀行では「定期預金担保借入」という形態の借入が存在しました。(今も存在するのかどうか定かではありませんが)銀行から借入をする時然るべき担保が無い場合、その銀行に預けている預金を手っ取り早く担保に差し入れるというものです。

短期の借入だったり時には長期の借入の担保として銀行に差し入れる事がありました。
定期預金の金利がまだかなり高かった時の話です。解約して資金に充てるより借入するという事です。これは純然たる借入なので、銀行に数多くの契約書類の提出が必要です。

これに変わるものが総合口座預金なのです。総合口座預金で100万円定期します。
90%迄出金(借入)する事が可能で、通帳にはマイナス表示されます。つまりこの場合普通預金が最初は0円であれば90万円迄の出金(借入)が可能という事です。

普通は500万円が最高借入限度額です。総合口座預金でのマイナス出金は純然たる借入ですので、マイナスになればその期間借入利息が付きますし未成年の利用は出来ません。
通帳自体は作れますがマイナス出金(借入)が出来ないという事です。

<総合口座の利息の計算方法>

実際に総合口座定期預金の金利の計算をやってみます。
10万円を1年0.03%で総合口座に定期預金をします。その口座からは沢山の引落をしているので見たら1ヶ月丁度、ずっと7万円のマイナスになっていました。

慌てて直ぐに10万入金してプラス3万円の残高になりました。1年後この定期預金から受け取れる満期利息は10万円×0.03%×80%=24円です。(復興特別税を除く)

一方借入利息ですが、借入利息は担保定期預金の金利プラス0.5%です。
又、普通預金金利は平均残高で計算しますのでこの場合マイナスの期間30日は70,000円×0.53%×1/12=30円が2月か8月に引き落とされます。
このケースは明らかに損なので解約すべきです。

<総合口座の上手な使い方>

期間1年、金利5%で金額5,000,000円の総合口座定期預金があります。
あと1ヶ月で満期利息200,000円を受け取れます。ところが急な出費が必要になってこの定期預金しかお金はありません。今解約すると普通預金の利息となり1%で80,000円になると言われています。必要なのは50,000円で10日間です。

この時解約せずにマイナス出金をした時、支払利息は50,000円×5.5%×10/365=75,342円となり、差引124,658円の受取となり、解約して80,000円の受取と比べ明らかに特になります。この様に総合口座定期預金は解約か借入か綿密に計算する事で上手に利用する事が出来ます。

よく見られている関連記事

  • お金の本質的な意味 <お金の歴史> お金を預けると金利が発生するという仕組みは、一体いつくらいから始まったのでしょうか?紀元前2,000年ほど前、古代文明発祥の地メソポタミアでは、既に利子付きの貸 […]
  • 預金の事件簿 <窓口一寸詐欺> 過去「窓口一寸詐欺」という事件がありました。概要はこうです。Aさんがとある銀行Bの窓口に行き、現金と小切手を差し出し預金をしたい旨を申し出ました。この時B銀行 […]
  • 預金窓口の事 <ゴトビとは> 銀行用語で良く使われる言葉に“ゴトビ”というものあります。 5日10日15日20日25日30日の事で“ゴ”と“ジュウ”からとったものと聞いた事がありますが […]
新生銀行