定期預金比較のまねぞう > 預金の基礎知識 > 個人向け国債とは

個人向け国債とは

個人向け国債という金融商品があります。

今回は一般の定期預金と比較しながら個人向け国債の商品性を説明致します。

deposit_044

<国の借金という事>

ざっくり俯瞰した説明からしますと国債は日本という国の借金という事です。
国債を購入すると言う事は、国にお金を貸してあげると言う事で債権者になると言う事であり、国債はその借用証書の事です。借用証書には○○年○○月○○に幾ら償還するとはっきり書いています(今はペーパーレスで証券は無くなりましたが)。

逆に言うとその満期まで国に請求する事は出来ません。定期預金はお金を預け入れる行為です。銀行は預かった資金を原資にして貸出しや投資等の運用を行って預金者に利息を支払います。その差額から自身の経費を差し引いた残りが銀行の収益です。勿論銀行自身別の金融機関から借金をして設備投資を行ったりします。

定期預金の預金者は預け入れをやめたい時、元本と利息を銀行に請求する事が出来ますが、銀行へお金を貸した債権者は貸した金を約束した期限前に返せとは言う事は出来ません。この辺りの事を少し難しい言い方をすると消費寄託契約といいます。

つまり全く預金と借金は別物という事です。日本の発行する国債の残高は1,000兆円に迫ろうとしています。発行する国サイドから考えると国債を買ってもらう先を増やして行きたいのは人情です。そこでこの国債を一般個人が買いやすくしたのが個人向け国債です。

<個人向け国債の概要>

本来の国債は時価額が変動する「価格変動リスク」を内包していますが、個人向け国債はこの「価格変動リスク」を取り除きました。一般個人が投資し易い様に、投資した元金が減る事が無い様な仕組みを作ったのです。これが個人向け国債の一番の特徴で(1年未満の中途解約は原則出来ませんし、1年後の解約でも1年分の税引き後の利息が徴収します。

詳細は財務省のHP で確認できます)、1年経過すれば国が、投資した元本で買い取ってくれるのです。第二の特徴は発行体が国であり、発行体が倒産等をするリスク-信用リスク-が限りなく0に近いと言う事です。個人向け国債を例えばA銀行で購入して、万が一そのA銀行が破綻した場合でも、その個人向け国債の元本が減少するとか言う事はありません。

金利は一般定期預金よりも若干高めで、5年もので0.05%、3年物も0.05%です。どちらも同じ金利という事は下限の金利に張り付いていると言う事です。確かに若干高めではありますが3年物であればソニー銀行の円定期預金3年物であれば0.1%です。

但し変動金利は10年で0.26%と比較的高く設定されています。(いずれも平成27年3月22日現在。税引き前金利)この金利であれば変動金利の個人向け国債に投資して3年5年で解約しても、固定金利の5年や3年物よりも得になるかも知れません。

勿論あくまで変動金利なので先の事は分りませんが。個人向け国債はこの3種類からなっており、色々検討出来る投資商品であると言えます。

よく見られている関連記事

  • お金の本質的な意味 <お金の歴史> お金を預けると金利が発生するという仕組みは、一体いつくらいから始まったのでしょうか?紀元前2,000年ほど前、古代文明発祥の地メソポタミアでは、既に利子付きの貸 […]
  • 預金の事件簿 <窓口一寸詐欺> 過去「窓口一寸詐欺」という事件がありました。概要はこうです。Aさんがとある銀行Bの窓口に行き、現金と小切手を差し出し預金をしたい旨を申し出ました。この時B銀行 […]
  • 預金窓口の事 <ゴトビとは> 銀行用語で良く使われる言葉に“ゴトビ”というものあります。 5日10日15日20日25日30日の事で“ゴ”と“ジュウ”からとったものと聞いた事がありますが […]
新生銀行