定期預金比較のまねぞう > 預金の基礎知識 > 定期預金と投資信託

定期預金と投資信託

投資信託といわれる金融商品があります。

昔は証券会社でしか販売していませんでしたが、現在では普通に銀行の窓口の女性が販売しています。今回は投資信託とはどういう金融商品なのかを定期預金と比較して御説明致します。

deposit_040

<元本割れする事がある>

定期預金は元本保証の金融商品です。保証している銀行に万が一の事が起こっても預金保険対象であれば元本割れする心配はありません。投資信託は普通に元本割れします。
何故なら元本が変動する金融商品に投資しているからです。
つまり元本が変動する~上がる事もあれば下がる事もある~金融商品なのです。

<投資信託の運用の基本的モデル>

銀行の定期預金は繰り返しますが銀行がその元本の償還を保証します。
ですので預金で集めたお金の運用(=主に貸出し)は安全確実でなくてはなりません。
利子は融資金の利息から預金者に支払われその残りが銀行の収益になります。

融資金の元本の焦げ付きは絶対にあってはならないので、融資を組む時銀行は必要に応じて担保を取ります。投資信託で集められた資金は専門の運用会社が運用します。
基本的に収益を求めて運用しますのでリスクをとります。
ノーリスク商品への運用を行うとリターンは銀行預金並みになってしまうからです。

運用会社が投資家から集めた資金は当初定められた基本方針~どういったものに投資して行くのか~に則って運用されます。運用会社は集めた投資資金から手数料を徴収します。
手数料を差し引いた資金で運用を行いリターンが発生すれば投資信託の資金が増加して行くという仕組みなのです。

勿論損失が発生すれば資金は減少して行きます。
ですので運用に失敗して投資資金が減少しても運用会社には手数料が入って来るのです。

<投資信託のメリット>

投資信託とは自分の資金を運用会社に運用を委託する形のものです。
運用会社は集めた資金を運用資金として、自らの資産とは別勘定にして運用しています。

例えばAという運用会社が万が一業績不振で倒産しても、その運用資金はB社C社D社E社等の株式に投資しているので、それらの株価に変化が無ければなんの影響も受けないという事です。銀行は自己の勘定で貸出しを行うので、大きな貸出し先の倒産が続けば銀行の存続に関わって来る話しになります。

投資信託は予め決められた運用方針に則り集めた資金を運用します。
その商品性は様々で公募投資信託は5,000本以上あると言われ、定期預金とは大きな違いです。今後もし物価が上がって定期預金の金利だけでは物足りなくなる時代になると考えれば、物価上昇に強い投資信託も存在します。

更なる円安を予想するのであれば為替ヘッジ無しの外国株式に投資する種類のものもあります。個人では買いにくい商品でも投資信託であれば買える商品もかなりあります。
今後は投資信託という金融商品の選択も考えるべきかもしれません。

よく見られている関連記事

  • お金の本質的な意味 <お金の歴史> お金を預けると金利が発生するという仕組みは、一体いつくらいから始まったのでしょうか?紀元前2,000年ほど前、古代文明発祥の地メソポタミアでは、既に利子付きの貸 […]
  • 預金の事件簿 <窓口一寸詐欺> 過去「窓口一寸詐欺」という事件がありました。概要はこうです。Aさんがとある銀行Bの窓口に行き、現金と小切手を差し出し預金をしたい旨を申し出ました。この時B銀行 […]
  • 預金窓口の事 <ゴトビとは> 銀行用語で良く使われる言葉に“ゴトビ”というものあります。 5日10日15日20日25日30日の事で“ゴ”と“ジュウ”からとったものと聞いた事がありますが […]
新生銀行