定期預金比較のまねぞう > 預金の基礎知識 > 銀行と証券会社の違い

銀行と証券会社の違い

ここ最近金融の自由化が進み

銀行と証券会社の垣根が無くなって来ました。持ち株会社を作って銀行や証券会社を経営したりしています。同じビルの中で1階が銀行の窓口、2階は同じグループの証券会社の窓口といった感じです。

今では銀行の窓口の女性が、今迄は証券会社でしか買えなかった、投資信託といった金融商品を普通に販売しています。そもそも銀行と証券会社との違いはなんでしょうか。

deposit_038

<銀行のビジネスモデル>

銀行は広く一般から預金を集めて、そのお金を運用して運用益で収益を上げています。
預金者には元本と利息の償還を保証していますから、運用元本が割れる様な運用はせずに極力安全な運用をします。

つまり担保を取ったり、信用性の高い保証機関の保証を取ったりして貸出し先に万が一があった時に備えます。それでも焦げ付きは発生し、その時その焦げ付きは銀行の損失になります。つまり銀行はその、自己の勘定として運用しているのです。もう少し詳しく説明すると、銀行は自らリスクを取って貸出しという運用を行っているのです。

リスクを取って銀行が貸出しして得た利息は、そのまま銀行の売り上げ収入となるのです。これを間接金融と言い、間接金融に大切なのはそういう意味で審査能力です。
審査能力の乏しい銀行はいずれ破綻します。

<証券会社のビジネスモデル>

証券会社の基本モデルは仲介業務で、その収益は仲介手数料です。
株式や投資信託は証券会社から購入するのではなく、証券会社を通して購入するのです。
その時の手数料が仲介手数料となるのです。

例えば株式を買う為に証券会社に振り込んだ資金は、その証券会社自身の資産とは別に管理され、万が一その証券会社が倒産してもその振込資金は保護される様になっています。
証券会社は基本的に銀行の様にリスクを取りません。顧客の信用売買や先物の売買依頼に対応していても、それは何らかの手当てで相場がどう転ぼうと、証券会社は損をしない様な仕組みを作っています。

例えばAと言う人の先物の購入に応じる為にはそれに見合った証拠金を徴収しますし、先物が意に反して下落した時は追加証拠金(追い証)をAに求めて、定められた時間内にAがその資金を用意できなければ取引はそこで強制終了されてしまいます。

金融自由化でこの仲介手数料がかなり下がり、大手証券会社は債券の売買(ディーラー業務)に多く比重を移してきました。

そこでは証券会社は自己の勘定で債券の売買を行って(つまりリスクを取って)おり、つまり安い債券を買って高く売る業務を行っているのですが、それは証券会社のディーラー部門が専門的に行うもので、支店毎に貸出業務を行っている銀行とは大きな違いがあります。

これを間接金融と言います。間接金融に求められるのはそういう意味で情報なのです。
情報を得る事が出来ない、発信できない証券会社はいずれ廃れて行きます。

よく見られている関連記事

  • お金の本質的な意味 <お金の歴史> お金を預けると金利が発生するという仕組みは、一体いつくらいから始まったのでしょうか?紀元前2,000年ほど前、古代文明発祥の地メソポタミアでは、既に利子付きの貸 […]
  • 預金の事件簿 <窓口一寸詐欺> 過去「窓口一寸詐欺」という事件がありました。概要はこうです。Aさんがとある銀行Bの窓口に行き、現金と小切手を差し出し預金をしたい旨を申し出ました。この時B銀行 […]
  • 預金窓口の事 <ゴトビとは> 銀行用語で良く使われる言葉に“ゴトビ”というものあります。 5日10日15日20日25日30日の事で“ゴ”と“ジュウ”からとったものと聞いた事がありますが […]
新生銀行