定期預金比較のまねぞう > 預金の基礎知識

預金の基礎知識

預金の基礎知識を深めましょう。

はじめての方はここで学んでから銀行を比較してみましょう。

定期預金の仕組みやリスク、安全性などを分かりやすく解説を交えて説明していきます。

暮らしと預金①

<いくら預金があれば安心か> 人が成人し独立して生活する為にはお金が必要です。勿論その前提となるのが収入ですが生活は収入によって制限されます。いくら預金があれば安心なのかよく聞かれますが人により...

続きを見る

投資対象としての預金②

銀行の一般定期預金は、 元本保証の確定金利です(変動金利定期預金を除く)。1,000万円迄の金額は預金保険機構が保証し、それ以上の金額を預けた場合は、元本と利息を当該銀行がその安全性を保証します...

続きを見る

リスクと金利

銀行に預金をする上で考えなければならない事 その一つは金利です。預金金利に大きな影響を及ぼすのは日銀の政策金利ですが、今回考えるのはファイナンスの考え方における金利の決まり方です。ファイナンスの...

続きを見る

今後の預金に関する考え方

バブル崩壊時、年利6%程あった銀行の1年物定期預金金利は、 今では0.3%が良い所です。その時の郵便局の定額預金は、ある程度の時期の違いはあれど、当時で10年で6%程遭ったと記憶しています。この...

続きを見る

色々な変わり種定期預金

昔の銀行の定期預金の金利は どこに預けても皆同じような金利でした。しかしある時期からその横並びが変わって来ました。今ではかなり多種多様の定期預金商品が登場しています。低金利時代が長引き、銀行側も...

続きを見る

金利上乗せ定期預金

今回は定期預金の金利上乗せ商品について考えてみたいと思います。 昔の銀行の定期預金の金利はどこに行っても同じで横並びでした。 しかし今は色んな銀行が独自の商品を販売しています。 この低金...

続きを見る

国債について考える

国債の仕組みを詳しく知る事は、 預金の金利や金融商品を販売する銀行の事を考える上で、非常に重要な事です。何故なら預金の金利を考える時、銀行の収益の柱である貸出し、特に住宅ローンの金利等は日本の長...

続きを見る

実質金利

<実質金利の計算> 例えば1,000万円銀行から借りたとします。条件は金利3%で利息元金とも1年後に一括払いです。1月1日に1,000万円借りて12月31日に10,300,000円返済するケース...

続きを見る

利息

普通預金でも定期預金でも 利息が多い方が利用者は嬉しいですよね。銀行選びは非常に大切で、何気なく家の近くにある銀行を理由もなく利用している人が多いのではないでしょうか。 銀行選びはとても重要で...

続きを見る

利回り

年利と利回りという言葉がありますが、 意外とこの違いについて知らない方もいると思うので、簡単に説明します。 年利は単純に一年間に発生する利率を表したもので、利息の計算に用いられます。 例えば...

続きを見る

満期日

ちょっとでも良いから利息を多く貰いたい そう考える方は定期預金を利用する人が多いでしょう。 多くの人がご存知だと思いますが、定期預金の金利は普通預金金利よりも高くなります。 この定期預金には...

続きを見る

複利

定期預金の金利には、 単利と複利がありますが、複利について説明します。 定期預金は銀行によって金利が設定され、その金利を一年ごとに受け取ることになっています。 ただし、複利の場合はそ...

続きを見る

中間利息

中間利息は 長期での定期預金を利用時に支払いがされる仕組みとなっているのですが、簡単に説明すると、途中でもらえる利息のことです。 まず定期預金の金利には複利と単利というのが存在します。 ...

続きを見る

単利

定期預金を利用している人は多いと思いますが なぜ定期預金を利用するのでしょうか。貯金をするためにも財形型の貯金をするのは分かりますが、では普通の定期預金はなぜ利用するのでしょうか。 それは、通...

続きを見る

信託財産

何年もずっと低金利時代となっている日本では、 預金していても全くと言っていいほど金利が付かないので、銀行にお金を入れていても勿体無いと考える人もいます。 そういった人は、資産を増やそうと投...

続きを見る

信託

大事な資産を 安全かつ、利益を多くもらうために、投資信託を始める方も多いです。 特に定年を迎えた方は退職金などで、まとまったお金を手にしているケースがあります。 老後のためにその資産を使って...

続きを見る

受託者

受託者とは 信託財産を預かり、信託目的に従って受益者のためにその財産を有効活用することなのですが、一般的に投資信託などで財産を運用する信託会社が受託者となります。 安倍総理になってから経済...

続きを見る

受益者

資産を運用するにあたっては、色々な方法がありますが その中で定期預金を活用する人も多いでしょう。定期預金は金利が低いながらも低リスクで確実に運用できるので、安全に運用したい人にはオススメです。た...

続きを見る

仕組預金

最近はネットバンクの金利が高く、 色々と優遇されていることから、ネットの定期預金などを利用する人が多いですが、仕組預金を取り扱っている金融機関が増えています。普通預金や定期預金と同じ感覚で利用し...

続きを見る

契約締結前交付書面

金融商品取引法という法律があることをご存知でしょうか。 金融商品とは銀行や証券会社などが扱っている商品などのことで、定期預金や証券、株などが該当します。こういった金融商品を取り扱う場合には、消費...

続きを見る

3 / 512345
新生銀行