定期預金比較のまねぞう > 預金の用語集 > 指静脈認証

指静脈認証

指静脈認証とは、

株式会社日立ソリューションが開発した手の指の静脈パターンで個人を認証する生体認証方式の一つです。この指静脈認証は生体認証を用いたセキュリティ対策として様々な業界に採用され、従来の暗証番号やパスワードに代わり導入が進んでいます。
そのため生体認証は、世界中の企業において開発されている成長分野となっています。

deposit_070

人間の身体には個人差があることにより、

その個人情報をピックアップし生体認証としています。生体認証となる身体の各部位は、静脈と指紋などの指、網膜や虹彩、まばたきの目、顔などがあり、この他には血液や唾液によるDNAなどがあります。

生体認証には顔や指紋は画像を比較するだけの比較的簡単な運用やDNA鑑定による生体反応を検出する高度な方式など様々なレベルがあるため、用途によって使い分けがされます。

しかしDNA鑑定など判別精度が高い対象物であると検出するまでの時間が多くかかるため、個人の特定を瞬時に判別することを求める一般企業においては、採用されません。
その中でも指静脈認証は、人の静脈のパターンに着目し、指の1本1本においても静脈の構造が異なるため、生体認証の主流として研究が進められています。

認証装置も開発が進みよりコンパクトとなり、指静脈認証を希望する企業の要望に答えて、埋め込み式や後付けでも対応ができるようになり急速に普及が進んでいます。指静脈認証より以前は指紋認証の普及が検討されていましたが、指肌の表面状態に影響を受けやすく、指紋がきれいに浮き出ないことも考えられます。

また指が照合機器と直接触れるため、衛生上の問題もあり、指静脈認証にシフトしています。生体認証とは、バイオメトリクス(biometrics)認証とも言われ、人の身体のある共通部分を用いることで個人を特定して認証する技術となります。

そのため、従来のパスワードやIDカードによる認証では、他人による成り済ましや認証物を紛失することもありセキュリティ面や認証度としては、低い精度となっていました。
生体認証は、人の身体の部分を用いるため、すり替えることもできず、必ず本人と認証することができます。

生体認証を利用するには、

事前に対象となる人の情報を採取し情報登録を行ないます。
対等となる身体の部分は、依頼された企業において共通の部分となり、指静脈認証の場合は、指の静脈の情報を採取します。

画像を比較する認証精度を利用する場合は、マンションの玄関や金融機関のキャッシュカードのICチップや海外へ旅行する際に携帯するICパスポートに採用されています。ICパスポートは、バイオメトリックパスポートとも言われ、通常のパスポートに掲載される顔写真に加えて、ICチップ内に顔画像や指紋画像、虹彩画像など電子的に記録がされます。

採用する項目は各国によって任意に定められています。日本においては、2006年にICチップが貼られたパスポートが発行されましたが、記録されている情報は、顔画像、旅券番号、国籍、氏名、生年月日となっています。

海外では、フランスにおいてビザの発行時に顔写真と指紋が提出することが義務付けられています。ただし、指紋は、手荒れや皮膚の擦り切れによって、消えてしまうこともあります。

よく見られている関連記事

  • Web通帳 Web通帳とは、 金融機関で口座を開設した際に発行される紙の通帳とは異なり、インターネットで金融機関にアクセスし、携帯電話やタブレット、スマートフォン、パソコンなどの画面上 […]
  • PIN PINとは、 PersonalIdentificationNumberの略称で、PINコードや暗証番号、個人識別番号とも呼ばれます。PINは、数字4桁で表わします。 PI […]
  • Pay-easy Pay-easyはペイジーと読みます。 ペイジーは、日本マルチペイメントネットワーク推進協議会が運営するシステムで、金融機関の窓口やATMなどへ出向かなくても、携帯電話やス […]
新生銀行