定期預金比較のまねぞう > 預金の用語集 > 預金口座振替依頼書

預金口座振替依頼書

口座振替とは、

金融機関で行なう様々な取引とされ、決済手段の1つとなります。
預金口座振替依頼書とは、自分が所有している金融機関の指定した預金口座から、水道代金や電気料金などの公共料金や習いごとなどの月謝などを決められた相手に決められた日日に送金するため、金融機関に申請して振り替ること、すなわち自動引落をするための申請書を言います。

預金口座振替は、その他にも仕送りや家賃の支払いなど一定額の金額を定期的に振り替えることもできます。また、クレジットカードの利用料金を金融機関の口座から振り替えることもできます。自動引き落としを利用できる振替先は、事前に振替を行なう金融機関と契約していることが条件です。振替先は、規模の小さい個人事業主を始め、中小企業や大手企業など様々となります。

預金口座振替依頼書の名称は、金融機関によって異なり、口座振替申込書や自動振替利用申込書などとも呼ばれています。

deposit_067

預金口座振替依頼書には、

依頼日や依頼人の氏名、依頼人の住所、電話番号、振り替える預金口座の金融機関名、支店名、口座種別、口座番号を記載し、届け出印を押印します。預金口座振替依頼書を振替を希望する金融機関に直接持参や郵送し、手続きを依頼します。

書類に記入漏れや書き間違いなどの記載ミスがあったり、金融機関に届け出た印鑑と異なる印鑑が押されたり、印章が不鮮明な場合は返送され、手続きは完了しません。

書類に不備が無く金融機関に受理された場合、手続きに相当期間が必要なため、最初の振替ができるまでは、直接支払うことになることが多くあります。一度、預金口座振替が完了すれば、金融機関で毎回手続きをする必要もなく、自動で振替ができる大変便利なサービスです。預金口座振替は、個人及び法人においても利用することができます。

預金口座振替が完了し、振替日になると指定の口座から指定額が振込先に振替られます。

そのために、振込日前日までにその代金を振り替えられる口座に入金する必要があります。口座の残高が不足した場合は、振替がされません。

モバイルや携帯電話によるインターネットバンキングを利用している場合は、口座の残高不足による振替未完了のメールが指定のメールアドレスに届けるサービスもあります。
振替が出来なかった場合は、振替先から振込を依頼されることもありますが、金融機関で振込を利用するには別途手数料が必要となりますから余分なお金が必要となります。

口座振替の手続きとしては、預金口座振替依頼書を金融機関の窓口に提出する方法と、インターネットを利用した申請方法があります。インターネットであれば、届け出印の押印などの手続きが省略されるため、窓口を利用した場合と比較して承認までの時間が短縮できるというメリットがあります。口座振替は利用期間が定められています。

利用期間が終了した後、引き続き口座振替を利用する場合は、再度預金口座振替依頼書を提出します。口座振替に必要となる金融機関の収益は、口座振替手数料となります。
振り替える預金者は手数料が不要で、振替先の預金者が手数料を負担します。

よく見られている関連記事

  • Web通帳 Web通帳とは、 金融機関で口座を開設した際に発行される紙の通帳とは異なり、インターネットで金融機関にアクセスし、携帯電話やタブレット、スマートフォン、パソコンなどの画面上 […]
  • PIN PINとは、 PersonalIdentificationNumberの略称で、PINコードや暗証番号、個人識別番号とも呼ばれます。PINは、数字4桁で表わします。 PI […]
  • Pay-easy Pay-easyはペイジーと読みます。 ペイジーは、日本マルチペイメントネットワーク推進協議会が運営するシステムで、金融機関の窓口やATMなどへ出向かなくても、携帯電話やス […]
新生銀行