定期預金比較のまねぞう > 預金の用語集 > 流動性預金

流動性預金

金融機関となる、

ゆうちょ銀行や大手銀行を始めるとする地方の銀行や信用金庫、信用組合などが扱い、将来の返還時に元本を保証するものを預金と言います。預金は、流動性預金固定性預金があり、流動性預金とは、預入期間を定めず預金者の希望に沿って自由にお金を出し入れできる性質となります。

固定性預金とは、予め預入期間が決められている預金となります。そのため固定性預金にする預貯金は、当面使用する予定のない金額内で運用すると良いでしょう。

流動性預金は、預金者がいつでも使用することができる預金として、一般的に使用され利息が付けられる普通預金や利息が付かない決済用普通預金、企業や個人事業主が営業資金などの支払いに利用する無利息の預金口座となる当座預金、普通預金より利率が高めの貯蓄預金などがあります。

deposit_056

普通預金は、

金融機関で口座を開設する際、最初に開く口座になります。この口座を使って金融機関の窓口やATMでいつでも現金を預入れや払出しができます。金融機関の窓口であれば、大量の硬貨であっても預け入れることができ、払出し時に紙幣の種類を指定することもできます。

金融機関専用のATMを使用するメリットとしては、金融機関の窓口より長時間の稼働や土日にも利用することができたり、同じ金融機関内の支店間であれば振込手数料が無料となったり、他の金融機関への振込手数料が割安になることがあります。

デメリットとしては、1度の利用による硬貨や紙幣の取扱い数が限定されたり、提携していない金融機関のキャッシュカードでは取引できないこと、預金者のキャッシュカードや通帳の読み取りが強い磁気によって読み取ることが出来なくなった場合には利用不能となることが挙げられます。

コンビニエンスストアに設置のATMでは、24時間稼働しているためいつでも金融取引が可能です。ただし、取引内容が振込と払出しのみに限定されていることが多く、現金の預入に対応していない機種などもあります。そのため、コンビニエンスのATMは、現金が急に必要となった場合に利用すると良いでしょう。

決済用普通預金は、

既存の普通預金口座に無利息特約を付けることで移行することができます。当座預金は現金の他、小切手や手形で支払いをする際に利用する口座となるため、口座開設の際、金融機関による所定の審査があります。審査内容は、会社の事業内容な事業の状況と実態、過去の預金取引の実績、過去の不渡りなどの事故の調査、手形取引の必要性などがあります。

個人事業主においては、その人物の経歴などが審査対象となることもあります。審査に通って当座勘定取引契約を提携することで口座がようやく開設できます。口座開設時には口座預金口座開設手数料の他、小切手や手形用紙の発行手数料などがかかります。

当座預金はその性質上、預金口座内において残高不足により、発行した小切手や手形が不渡りとなります。そのため、当座貸し越し契約を締結することで、当座預金の残高が不足しても自動融資を行なう制度を利用することもできます。貯蓄預金は普通預金より金利が高く設定し、定期預金より預金の出し入れが自由にできる性質の預金口座となります。

よく見られている関連記事

  • Web通帳 Web通帳とは、 金融機関で口座を開設した際に発行される紙の通帳とは異なり、インターネットで金融機関にアクセスし、携帯電話やタブレット、スマートフォン、パソコンなどの画面上 […]
  • PIN PINとは、 PersonalIdentificationNumberの略称で、PINコードや暗証番号、個人識別番号とも呼ばれます。PINは、数字4桁で表わします。 PI […]
  • Pay-easy Pay-easyはペイジーと読みます。 ペイジーは、日本マルチペイメントネットワーク推進協議会が運営するシステムで、金融機関の窓口やATMなどへ出向かなくても、携帯電話やス […]
新生銀行