定期預金比較のまねぞう > 預金の用語集 > ワンタイムパスワード

ワンタイムパスワード

ワンタイムパスワードとは、

インターネットを利用して金融取引を行なう際、本人確認とセキュリティ対策となる操作の1つとなります。スマートフォンなどの携帯電話やタブレット、パソコンから経由して資金決済サービスの利用機会が進み、預金者にとっては24時間いつでも手軽に取引ができるようになり、インターネットバンキングの普及されるようになりました。

deposit_055

金融機関の窓口で行なう取り引きと異なり、

人を介さないため、不正の取引きも横行するようになりました。そのため、預金者に成り済まし、不正に預貯金を引き出す事件が相次ぎ、金融機関と預金者双方による対策が必要となりました。従来は、通帳や印鑑の盗難により預金の不正引き出しが多くありましたが、インターネットバンキングの導入後は、不正操作による預金の引き出しが横行しました。

預金者の情報が不正に抜き出される方法としては、スキミングによるキャッシュカード情報の盗難による被害やメールに届いた金融機関のホームページを似せた偽のホームページへ誘導し、預金者が気が付かない内にID番号やログインパスワードを入力させて、情報を盗むフィッシング行為による被害が多くなりました。入力させるがあります。

このため、預金者に対しては、振込限度額を低く設定することや送り主が不明なメールは開かないこと、メールのログインパスワードはその都度入力するようにして保存しないこと、金融機関のホームページに違和感があったらそのまま取引操作を行なわないことなどの防止策が求められます。

金融機関による防止対策は、ウィルス対策ソフトの配布やキャッシュカードにICカードを採用すること、暗証番号を手軽に変更できる機能、金融取引が行なわれた際にメールでお知らせするサービス、ログイン時の合言葉や乱数表カードの活用などがあります。

ワンタイムパスワードは、

従来の固定パスワードと異なり、自動発行され、預金者本人のみが受け取ることが出来るパスワードとなり、スパイウェアに感染する恐れもないため、情報を盗まれたり推測できないように設定されるユーザー認証方式です。

万が一、個人情報となるIDやパスワードが第三者に知られてしまっても、ワンタイムパスワードによるセキュリティ対策が加わることで、不正なログインのリスクが大幅に低減出来ます。ワンタイムパスワードの特徴としては、一度発行されたワンタイムパスワードは一定時間が経過すると利用できなくなること、ワンタイムパスワードは再利用されないこと、ワンタイムパスワードの利用は無料となります。

ワンタイムパスワードは、スマートフォンのアプリをダウンロードして利用する方法があります。利用方法は、ワンタイムパスワードアプリを軌道するたびに、ワンタイムパスワードが発行され、これを使って取引時に確認番号表の代わりとして使用します。
また、金融機関が通常と異なる環境からのアクセスと認証した場合に、預金者が予め指定したメールアドレスにワンタイムパスワードが届きます。

ワンタイムパスワードを採用していない金融機関もあります。

よく見られている関連記事

  • Web通帳 Web通帳とは、 金融機関で口座を開設した際に発行される紙の通帳とは異なり、インターネットで金融機関にアクセスし、携帯電話やタブレット、スマートフォン、パソコンなどの画面上 […]
  • PIN PINとは、 PersonalIdentificationNumberの略称で、PINコードや暗証番号、個人識別番号とも呼ばれます。PINは、数字4桁で表わします。 PI […]
  • Pay-easy Pay-easyはペイジーと読みます。 ペイジーは、日本マルチペイメントネットワーク推進協議会が運営するシステムで、金融機関の窓口やATMなどへ出向かなくても、携帯電話やス […]
新生銀行