定期預金比較のまねぞう > 預金の用語集 > Cash Card

Cash Card

Cash Cardは、

日本においては金融機関において口座を開設した際に発行されるカードです。
キャッシュカードの種類には、普及している磁気ストライプカードとセキュリティ対策が施されたICカードがあります。

磁気カードは、磁気によってデータを保存する簡易な機能となるため、低コストでの導入が可能です、掲載されている個人情報は、ICカードは集積回路となるICチップが搭載しているため、磁気カードと比較すると保存しているデータのセキュリティが高いため、偽造が困難となります。

導入当時は、髙コストが原因となり普及が進みませんでしたが、最近ではキャッシュカードの他にも現金の代わりとなる電子マネーを搭載したICカードや会社の社員証など、利用範囲が広がり、普及が進んでいます。そのため、希望すれば従来のキャッシュカードからICカードへ無料で切り替えることも出来ます。

どちらのキャッシュカードもATMで資金決済サービスを利用する際、個人を認証するためのカードとなり、磁気カードには暗証番号情報が保存されています。ICカードには生体認証となる静脈や指紋情報が搭載されたICチップの情報が流用されています。

そのため、ATMで生体認証を行なうには、特殊な機器により読み取りが必要となり、
金融機関が専用に設置したICカード対応のATMのみの対応となります。コンビニエンスストアに設置してあるATMでは、様々な金融機関によるキャッシュカードの利用を想定しているため、金融機関ごとに設定している特色ある生体認証機能には対応していません。

deposit_054

従来のキャッシュカードを発行するには、

預金者のみが知る暗証番号の設定を行ないます。暗証番号は数字4桁から成り、取引時に必要となる個人認証情報となるため、「0123」など覚えやすい数字の羅列や誕生日など第三者に知られやすい数字を設定しないよう金融機関からの指導があります。
キャッシュカードを利用しない取引を希望する場合は、金融機関の窓口において通帳と届け出印を使用して行なうことも出来ます。

従来の磁気によるキャッシュカードは、磁気を帯びた黒色のラインの中にデータが保存されています。そのため、ATMなどの読み取り部分に通して情報を読み取らせます。
磁気ストライプカードは、国際的な規格が設けられ、カードの大きさや硬さ、磁気ストライプの配置場所などについて国際規格と国内規格があり、国内規格は国際規格を基準として設けられています。金融機関に適用されている国内規格はJISⅡを採用しています。

キャッシュカード以外の利用方法としては、ホテルの部屋のカードキーなどがあります。
ただし、この運用については、規格外となっています。
ICカードに付随してデビットカードサービスを設定できるキャッシュカードもあります。また、電子マネー機能が付いたキャッシュカードもあります。特徴としては、預かり金が不要、クレジットカード機能を付帯することができる、盗難や紛失をした場合でも再発行が可能、未成年(中学生以上)が発行対象としているなどがあります。

よく見られている関連記事

  • Web通帳 Web通帳とは、 金融機関で口座を開設した際に発行される紙の通帳とは異なり、インターネットで金融機関にアクセスし、携帯電話やタブレット、スマートフォン、パソコンなどの画面上 […]
  • PIN PINとは、 PersonalIdentificationNumberの略称で、PINコードや暗証番号、個人識別番号とも呼ばれます。PINは、数字4桁で表わします。 PI […]
  • Pay-easy Pay-easyはペイジーと読みます。 ペイジーは、日本マルチペイメントネットワーク推進協議会が運営するシステムで、金融機関の窓口やATMなどへ出向かなくても、携帯電話やス […]
新生銀行