定期預金比較のまねぞう > 預金の用語集 > Pay-easy

Pay-easy

Pay-easyはペイジーと読みます。

ペイジーは、日本マルチペイメントネットワーク推進協議会が運営するシステムで、金融機関の窓口やATMなどへ出向かなくても、携帯電話やスマートフォン、パソコンなどから支払うことができるシステムとなります。

deposit_051

従来、公共料金などを支払う際の媒体としては

支払いするための用紙が統一されておらず、支払手段が金融機関の窓口のみだったり、対応時間が平日のみなど支払者にとって利便性が悪かく、また金融機関にとってもデータの相互性がないため、個別に対応し、事務効率が非常に悪い業務とされていました。

そのため、収納事務の効率化も鑑み、支払い先となる収納機関と金融機関を独自のマルチペイメントネットワークで結び、決済のためのデータ網を新たに構築しました。
支払い先となる収納機関には、大きく分けて国民年金などの税金の支払い先となる「国」、自動車税などの支払い先となる「地方公共団体」、電話料金やショッピングなどの代金を支払う「一般企業」の3つが有ります。

支払い先によって、パソコンとスマートフォン、モバイル、ATMなど各金融機関によって扱う支払い方法が異なります。また、個人だけでなく、法人もペイジーを使って電子申告や納税をすることが出来ます。ATMからペイジーを利用して、税金や公共料金をキャッシュカードや現金で支払うことが出来ます。ATMでの利用方法は、画面から「ペイジー」や「税金・各種料金の払込」と表示された項目から手続きを開始します。

ゆうちょ銀行のATMでは、振込書を直接取り込んで、データを自動的に読み込むことが出来ますし、直接手入力することも出来ます。一度取り込まれた振込書は返還されません。
手入力をする場合は、振込書に記載された収納機関番号とお客様番号、確認番号、支払い者の電話番号を順番に入力すると自動的に支払料金が表示されます。表示された金額に間違いがないかを確認し、支払いを行ないます。

インターネットバンキングを利用する場合には、

予め金融機関に対して利用申請が必要となります。取り扱う金融機関や支払料金、支払い先が公共料金かそれ以外か、支払手段がATMかインターネットバンキングを利用するかなどによって必要となる振込手数料が異なります。ペイジーを利用して支払うことができる振込書や納付書には、ペイジーマークが付いています。

ペイジーマークが付いていれば、ATMやインターネットバンキングを利用して料金を支払うことが出来ます。ペイジーは国や地方公共団体の税金については、手数料無料で利用が出来ます。ペイジーで支払うことができる国の税金の種類として、厚生労働省では、国民年金料や厚生年金料、船員保険料、労働保険料があります。国税庁では、申告所得税や法人税、消費税、源泉所得税があります。

財務省では、行政手数料や関税があります。地方公共団体においては、取り扱うことが出来る税金がそれぞれ異なります。東京都の場合は、自動車税や電子申請に伴う手数料などがあります。その他、ペイジーの便利な利用方法として、口座振替機能があります。ペイジーを利用すれば金融機関において専用の口座振替用紙で申請しなくても、自動的に口座振替の手続きが完了します。

よく見られている関連記事

  • Web通帳 Web通帳とは、 金融機関で口座を開設した際に発行される紙の通帳とは異なり、インターネットで金融機関にアクセスし、携帯電話やタブレット、スマートフォン、パソコンなどの画面上 […]
  • PIN PINとは、 PersonalIdentificationNumberの略称で、PINコードや暗証番号、個人識別番号とも呼ばれます。PINは、数字4桁で表わします。 PI […]
  • DebitCard DebitCardは、デビットカードと呼ばれ、 ショッピングなどの買い物代金を直接支払うことができるカードとなり、似たような機能を持つクレジットカードとは異なる運用となって […]
新生銀行