FX比較のまねぞう > FXの基礎知識 > Pipsはfxの値動きの最小単位

Pipsはfxの値動きの最小単位

為替取引、特にfx取引などでは難しい外来語もたくさんあります。

 

images今回はこの中でも「pips」を紹介します。この単語は「ピップス」と読みます。pipsは、もともとはさいころの目や点という意味ですが、この言葉がfxでも用いられています。

 

pipsはもともと複数形であり単数形はpipなのですが、日本で用いるときには使い分けが面倒なので、単数のときも「1pips」という風に用いられます。

 

fxで用いられるとき、その意味は「為替レートの最小単位の動き」のことです。
ただしこの場合、決して「fx取引の最小単位」ということではありません。あくまでも、為替レートが刻む最小の値のことですので、間違えないようにしてください。

 

例えば、円とドルの相場を例に挙げていきましょう。

円ドルの値を示すとき、100.01(1ドルが100円1銭)というような値の示し方をします。為替における円の最小単位は1銭であり、1銭単位で値動きをしていくものです。
よって0.01、つまり1銭の値動きのことをこの場合には1pipsと言います。

 

ちなみに、pipsではなく「ポイント」という人もいますが、pipsの方が一般的です。
また、pipsを略して(あまり略す必要もありませんが)、1ピプということもあるようです。ちなみにスプレッドが3pipsというと金は、売りと買いの間で3pipsの開きがあるということです。

 

ちなみに、このpipsの表すことは、ペアとする通貨によって異なります。

円を通貨ペアとする場合には前述したように1pipsは1銭ということになります。
アメリカドルの場合には、1セントかというとそうではありません。

 

確かに、現在使われているアメリカドルの最小単位といえば1セントですが、日本の1銭が現在使われていないように、fx取引などでは実際には使われていない小さな貨幣単位も使われます。ですので、アメリカドルでは1pipsが0.0001ドルとなり、これは1セントのさらに100分の1となります。

よく見られている関連記事

  • Fxのポジション比率とは何か

    fxと株式というのは、その取引方法も大きく異なります。   株式の場合には、まずその株式を買ってから全てが始まります。 株式を買った上で、その次に初めて「 […]続きを見る
  • fxのスプレッドは、売値と買値の差

    よく為替ニュースなどを見ていると   「1ドルは101円45銭から50銭」というような言葉を聞きます。同じアメリカドルなのに、何で5銭もの開きがあるのかと考 […]続きを見る
  • Fxのlotとは何か

    皆さんは、lotという言葉をご存知でしょうか。   lotとは、一見すると宝くじの一種のように見えますがそうではありません。 よく向上の製造現場に行きます […]続きを見る
外為オンライン 株とFXの違い スマホでFX
FXのはじめ方