FX比較のまねぞう > FXの基礎知識 > Fxにおけるテクニカル分析の種類

Fxにおけるテクニカル分析の種類

fxを行う際に必要不可欠となってくるのが、テクニカル分析です。

 

65c6034555ce9510b43abc33dbc61aa9_sfx業者の口座とは異なり、これがなければfxを始めることができないというものではありませんが、テクニカル分析をせずにfxをすることは大きなリスクを伴います。

 

テクニカル分析をするためには、その材料となるテクニカル指標がなければなりません。テクニカル分析は、大きく以下のように分かれます。

 

まずは「トレンド系」です。

トレンドというのは、相場の動く方向 のことをいいます。通常ですと、相場は小幅で上がったり下がったりを繰り返す波のような形をしているものです。
多少の変動はありますが、その平均を取ってみると大きくは変わっていません。

 

しかしあるとき、相場が一方向に流れるときがあります。そのときをトレンドといい、
右上がりのときを上昇トレンド、右下がりのことを下降トレンドと言います。トレンド系の代表格といえば、移動平均線や一目均衡表、ボリンジャーバンドなどが挙げられます。

 

次は「オシレーター系」です。

トレンド系というのは、相場の方向性を探るために用いられるテクニカル指標です。
一方でオシレーター系の場合には、現在価格が買われすぎなのか売られすぎなのか、
あるいは適正なのかを判断するために必要となるテクニカル指標です。オシレーター系の場合、どんな状況で使っても効果を発揮するというわけではありません。

 

明確なトレンドがでているときほど効果は薄いとされています。
逆に、もみ合いの相場が続いているときには威力を発揮することでしょう。
オシレーターの代表選手といえば、rsiやmacdといったテクニカル指標です。
これ以外にも、「総合系」と呼ばれるテクニカル指標もあります。

 

テクニカル分析で気になることといえば、

そういったチャートは自分で作成しなければならないのかということですが、そんなことはありません。最近では、fx業差がこういった指標を無償で提供してくれるのです。

よく見られている関連記事

  • Fxの通貨ペアにおけるテクニカル分析の有効性

    fxの醍醐味のひとつといえば、   自分のお気に入りの通貨ペアで取引をすることができるというものです。 通貨ペアによって特徴も異なり、その特徴によってテク […]続きを見る
  • Fx業者が提供するツール

    最近では、fxも非常に便利になったものです。   かつては、チャート分析などをするときには、自分で線を引いたりしなければなりませんでした。   […]続きを見る
  • インジケーターで数字を視覚化して、fxのチャート分析に役立てる

    fxをする上で欠かせないことといえば、チャート分析です。   チャート分析をせずにfxを開始することはありえないことです。しかし、チャート分析は非常に面倒く […]続きを見る
外為オンライン 株とFXの違い スマホでFX
FXのはじめ方