ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > カードローンニュース > 住宅のためにキャッシングやカードローンを利用する場合

住宅のためにキャッシングやカードローンを利用する場合

 カードローンニュース

更新日:2015年1月21日 1,101 ローン

住宅ローンなどを利用する場合は、銀行カードローンを借りたり、キャッシングを使うかたちとなります

これらのものを使って組まれるローンは通常「民間ローン」と呼ばれており、最も一般的なローンのかたちとされているのですが、こういったローンは誰でもカンタンに組めるというわけではありませんし、やはり住宅ローンを利用するとなると社会的信用を積み立てることがマストとなります

 

実際、銀行や消費者金融で住宅ローンの申請をおこなえば個人信用情報機関の過去データをチェックされてしまいますし、過去の延滞情報などもその際にすべてバレてしまうので、社会的信用に自信の無いかたは、ローンの受け入れを拒否されることを覚悟しましょう。
また、こういった審査を受けると経済状況だけでなく、住宅に関する情報も調べられますし、在籍確認がおこなわれることもあります

 

374aduaiadvb仮審査を受ける際には申込書に借入状況も記入しなければなりませんし、正確にその情報を記入しなかった場合はローンを利用することができなくなってしまうので、できるだけ自分に関する情報はより正確に記入するようにしましょう
また、延滞・不払いなどの事故情報をおこした場合はその情報が個人信用情報機関を通じて伝わってしまうので、審査を受けている最中に事故をおこすようなことは極力避けなければなりません。

 

もちろん、すでに借り入れに利用しているカード会社やそのカード会社の借金がある場合は印象が悪くなりますし、債務をすべて解消してから申し込んだ方が審査に通過しやすくなるので、できるだけ今現在の経済状況をよりクリアなものにしておきましょう

稀に、「お金はあったのに返済日に間に合わなくて少しだけ延滞してしまったことがある」といった経験を持つ人もいるのですが、そういったことも個人信用情報機関に残ってしまっています。
一見すると小さなミスでも、会社側からすると非常に大きな欠点に見えてしまうものなので、延滞や不払いなどのミスは絶対におこさないように注意してみてください。

おすすめ記事

関連まとめ