ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > カードローンニュース > カードローン・キャッシングを利用して焦げ付きをおこしてしまったら?

348amdncibds

カードローン・キャッシングを利用して焦げ付きをおこしてしまったら?

 カードローンニュース

更新日:2015年1月16日 952 ローン

カードローン・キャッシングを利用して焦げ付きをおこしてしまった場合は、その後、債務整理をする必要が出てきてしまいます。

348amdncibds債務整理をすれば、借金の額を小さくすることができますし、自己破産などをしないで済む可能性も出てきます
法テラスへ行けば三十分無料で相談することができますし、その後、債務整理をすれば借金の返済が一気にラクになるので、「払う気がないわけではないけれど、今のままだといずれ無理が生じてしまう」という場合はすぐに弁護士に相談するようにし、ただちに打てる手を探してみるようにしましょう。

 

ちなみに、自己破産といった債務整理を選択すると借金を丸々消すことが可能ではあるのですが、社会的信用は消えてしまいますし、その後官報に名前と住所が載ってしまうので、闇金から目をつけられてしまいます。

闇金を間違って利用してしまうともう、後には戻れなくなってしまいますし、社会的信用を取り戻すことが二度とできなくなってしまうので、なるべく自己破産だけは避けるようにし、債務を整理しつつ自分なりに少しずつ、借金を支払っていくようにしましょう。
また、借金を整理する場合は動産や不動産を手放す必要も出てくるのですが、手放してしまえば借金の返済もラクになりますし、社会的信用を失わずに済むので今までとさほど変わらない日常を生きることができます。

 

特に、家族がいて失うわけにはいかないものがたくさんあるような方は、自己破産以外の選択肢を利用した方が良いので、自分の人生と向き合いつつ、最も良いと思われる選択肢を選ぶようにしましょう。
もし、自己破産を選んだ場合は相当な量の書類を集める必要も出てきますし、相当な苦労を強いられるようになります。

借金がちゃらになるなら自己破産を利用したい」といった理由でカンタンに自己破産の道を選ぶ方も多いのですが、実は自己破産をするにしても数万円の料金が発生しますし、自己破産を選ぶと一家離散してしまう場合も少なくないので、なるべく自己破産は避けるようにしてみてください。

カードローンやキャッシングで作った借金が焦げ付いてしまうと、何かと絶望してしまいがちです。

「自分の人生はもうダメだ」「差押えをされたら家も車も全部、取られてしまう・・・」と何かと思い詰めてしまいがちなのですが、実はカードローンやキャッシングで失敗したとしても、何かと抜け道はあるので、とにかくまずは自分の持ち物の中で「資産」に該当するものを外へ逃がすことを考えてみましょう

 

327ansfgdfgbsdg資産を外へ逃がす、と言われても何のことかわからないかもしれませんが、そもそも、差押えというのは「価値があるものに対しておこなわれる」ものなので、資産は差し押さえを受けますが、資産以外のもの(価値がないもの)は取られないようになっています。
それは法律の中で定められていることですし、資産以外のものを取ってしまうのは法律違反なので、不安になりすぎている方はまず「資産以外のものは取られない」ということを認識するようにし、まずは資産となるものを他人に一時的に譲渡してしまいましょう

「譲渡なんてしてもムダなのでは?」と思われるかもしれませんが、譲渡された資産は譲渡された人の資産となるので、それを差し押さえることは絶対にできません。

 

また、差押えに関しても、あくまでも「その人の名義の家」があればおこなわれるというだけなので、その債務者が自分の名義ではない家に住んでいた場合は、差押えの役人は来ることはできませんし、「債務に関係ない人の物」を取ることなど不可能なのです。

ですので、万が一カードローンやキャッシングで社会的信用が焦げ付いてしまったとしても、そのこと自体はそこまで問題ではありませんし、家や車も譲渡してしまえばいいだけなので、その辺りだけ済ませてしまえば何の問題もありません。
もし、そういったことをする余裕すらないのであれば、思い切って住民票を他人の家(友人の家や親戚の家など)に移してしまえば、その後は差押えを受けないまますべてが終わるので、借金で困り果てているのであればそのような方法で逃げ出すようにし、取られたくないものまで取られてしまわないように気をつけるようにしましょう。

キャッシング枠をカードローンで利用した場合。

 

通常であれば、その後は返済生活が始まるのですが、まれに払いきれない額を使ってしまったことを原因に借金地獄に陥ってしまう人もいます
そういった人の大半は、何らかの事情を背後に抱えている人なのですが、やはりカード会社は「あなたは絶対に払ってくれると思うのでお金を貸しますよ」ということでお金を貸してくれているので、延滞が三回も四回も続くと、債務者は「裏切られた」という風に判断します。

 

信用を裏切ってしまうと、その後はその会社から延々と催促の手紙を受け取ることとなりますし、それでも一銭も払わないとなると、その後裁判をおこされてしまうのです
裁判をしたことがない人は想像がつかないかもしれませんが、裁判になると色々な問題が新たに生じてしまいますし、裁判に敗訴となるとその後、家の中の物がすべて取られてしまうこともあるので、気をつけるようにしましょう。

 

319aidjvosdvたとえば、借金のことで裁判に負けてしまうとその後、給与や財産を差押えられてしまうのですが、給与も車も差し押さえられてしまうとなると、生活や仕事が危うくなってしまいます。
実際に、そういった差押えを受けた末に一文無しになってしまい、家庭を失ってしまうような方(一家離散してしまうような方)も少なくないので、まずは家族を守ることを優先するようにし、家族に被害が及びそうな場合はあらかじめ親戚のうちに泊まらせるといった工夫をしておくようにしましょう。

 

差押えは大人にとってもショックなことですが、子どもにとってもショックなものですし、子どもに家の物が取られていく風景を見せてしまうと、心にトラウマを残してしまいます。
もし、家族の中に子どもがいる場合は、クレジットカードのキャッシング枠で失敗したことやカードローンのことなども絶対に伝えるべきではありませんし、何もなかったかのように振る舞うのが正解なので、覚えておきましょう。

おすすめ記事

関連まとめ