ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > カードローンニュース > カードローンを誤用してしまった!というケースの対処方法

カードローンを誤用してしまった!というケースの対処方法

 カードローンニュース

更新日:2014年12月30日 1,104 ローン

264asduhclanvカードローンを誤用してしまった場合は、まず自分なりに解決の手段を探さなくてはなりません

もし、お店で間違って使ってしまった場合はお店に戻ってキャンセルの申請をすればキャンセルできますし、カスタマーセンターを頼らなくてもできることがたくさんあるので、自分にできることをまず探してみるようにし、できるところから実行するようにしましょう

 

誤用をしてしまうと、「使いたくなかったのに使ってしまったけど、この分もきっと払わないといけないんだろうな」と早合点してしまう人も多いのですが、決してそんなことはありませんし、払いたくない分はお店でキャンセルしてしまえば良いだけです。
「もう、使ってから一週間も経つからキャンセルできないと思う」という場合でも、店舗に電話してみるとキャンセル可能な場合もあるので、まずは真っ先に、お店に電話してキャンセル可能かどうか確認してみるようにしましょう

ちなみに、一度誤用してしまうとそのまま諦めてしまう方が非常に多いのですが、決済の期日前であれば大体の場合、キャンセルができてしまいます。
キャンセルをする場合はお店側が「キャンセル処理」といった処理をおこなわなければならないので、お店側の対応が遅いとキャンセルに時間がかかる場合もあるのですが、決済の日までに間に合えば何の問題もありません
仮に間違って決済がおこなわれてしまったとしても、キャンセル処理が遅れた店側に責任があるので、カスタマーセンターに「キャンセル処理が正しくおこなわれませんでした」と伝えれば間違って引き落とされてしまったお金も振り込まれるかたちで返還されます。
つまり、クレジットカードを誤用してしまったとしても、通常であればその後キャンセル処理ができますし、その後は間違って引き落とされた分なども返してもらうことができるのです。

 

ただし、キャンセルをするだけの正当な理由がない場合はいくらお店側にキャンセル申請をしても通りませんし、もしキャンセルが通らなくて不満に思ったとしても、カスタマーセンターがどうにかしてくれるわけではありません。
お店側に問題があったり、キャンセルするに値する要因があればスムーズにキャンセルできるのですが、飲食店を利用した後に「不味かったからキャンセルしたい」などと言ってもまず、その言い分は通らないので、気をつけるようにしましょう。
もし、カードローンを使った後に何かしらのトラブルが起きた場合は、その取引をなかったことにすることもできますし、利用者側に非がない場合は当然、カード会社側が対処してくれます
しかし、お店側やカード会社側に一切問題がない場合はキャンセル申請も受け付けてもらえませんし、クレームを入れてもほとんど対処してもらえないので、これからクレジットカードを使いはじめるのであれば、誤用にはくれぐれも注意が必要です。
誤用さえしなければ、キャンセル申請をする必要もなくなります。

おすすめ記事

関連まとめ