ローン・クレジットカード・証券・FX・預金を比較/お金のことなら【まねぞう.com】
基礎知識カードローン口コミニュース返済シミュレーション借入診断Q&A

カードローン比較のまねぞう > カードローンニュース > カードローンの返済にあたっての金策の方法について

カードローンの返済にあたっての金策の方法について

 カードローンニュース

更新日:2014年12月27日 1,015 ローン

244adpvasodf「カードローンを利用してはいるものの、使いすぎてしまったので今度の返済期日までに支払うことができない・・・」

といった悩みを抱えているのであれば、思い切って派遣のアルバイトなどを始めてみましょう。
昨今では、全国各地に派遣事務所がある時代になっていますし、派遣事務所へ行けばすぐにでも仕事は見つかります
カードローンの返済をしようにも金策の方法がわからないのであれば、派遣事務所へ行けば仕事をもらうことができますし、早い場合は即日で働き出すことができます。
ですので、もし大変な借金を抱えていて返しきれずに困っているのであれば、返済期日までに派遣の仕事を入れておくようにし、当日に給与をもらえるように工夫してみましょう。
派遣事務所の中には、即日で給与を払ってくれるところも多くなっていますし、きちんと働けば翌週にでもお金をもらえる可能性もあります。

 

このあたりは、派遣会社によって異なるので、自分なりにどの会社を利用するか見極める必要はあるのですが、きちんとした会社をきちんと利用して働けば、すぐにお給料をもらうことができるので、もし金策に困っているのであれば、派遣で働いてお金を作り、そのお金を返済にあてるようにしましょう

カードローンで作ったお金を返済をするとなるとどうしても、期間が長引きがちですし、リボルビング払いの場合は元金が減らない分、精神的な負担も増えてしまいがちです。
しかし、分割払いになっているので一回あたりの支払いの額は基本的にはそこまで大きくありませんし、派遣で働いて数千円の給与を受け取ることができれば、そのお金だけでまかなえてしまう可能性もあるので、ぜひとも、困ったときは派遣を利用しましょう。

会社員の方は副業を禁止されているのでなかなか、思うように派遣で働くこともできないかもしれませんが、そもそも、その企業や団体が副業を禁止していたとしても、憲法の中では職業選択の自由が約束されています。
また、確定申告の際にある部分をチェックすれば副業をしているという事実はまずばれないので、「社則で副業をしてはいけないとされているけれど、派遣で働かないと借金を返しきれない」という場合は社則を破ってでも働くようにしましょう。
確定申告の際に少しだけ工夫すればいいだけなので、副業をするということにそこまでリスクを感じる必要はありません。

 

実際、世の中には副業をしつつ会社員をしている人もいますし、副業をすることで借金を返済できるのであればその方が良いと言えます
逆に、「副業をしない」といったところに縛られてしまうと、返せる借金も返せなくなってしまうので、できるだけ債務を返済するためにできるようなことは前向きに取り組んでみるようにしてみてください。
派遣であれば、給料はすぐに振り込まれますし、そこまで待つ必要はありません。
派遣の仕事は誰でもカンタンにできるようなものばかりなので、ぜひとも近くにある派遣事務所で相談してみましょう。

おすすめ記事

関連まとめ