コンセントを抜くのが面倒でブレーカーごと落とす人が増殖中

 お得・節約・エコ

更新日:2015年4月29日 1,698 views

■節約方法も興味をもつと多数ある

たまに節約方法についてあれこれ考えてみる事があるのですが、探しだすといろいろあって勉強になります。自分の知らない情報があると嬉しいですね。

 

2年位節約という視点で物事を考えると、だいたいこれ以上は大きな節約方法はないのかもなというくらい日常生活でできる節約方法を覚えてきます。

 

実際に実行して役立ってる節約もあれば、それはしなくていいやという節約方法も多くあります。一番やりたくない節約方法はトイレの水を流さない事。

 

 

 

116857

 

 

 

■ブレーカーを落とすのは気持ちいいかも

家のトイレを使わないのもちょっと・・。そしてやりたくない節約とは違うのですが最近になってそういった方法もあるのかと思ったのはブレーカーを落とす方法。

 

通常は電源コードだけ抜いておいたり、省エネタップの電源だけ切っておく事で節約する人が多いのですが、たまにブレーカーごと落としてしまう人がいるようです。

 

心理的には待機電力が僅かでもかかるのが嫌で1個1個電源を抜くのが面倒くさいのかも。私はずっと使わない電気は消す程度しか意識してません。

 

 

 

■ブレーカーは1ヶ所で全部が消えるわけでない?

ブレーカーといえばスイッチが扉の中などに入っていて、カチッと上下に動かすだけで家全体の電気を切ったり付けたりする事ができる物。

 

停電になってしまった時、電気を多く使いすぎてしまった時などにブレーカーが落ちて真っ暗になったという経験をした人も多いかもしれません。

 

多くの場合はブレーカーはいくつかに分かれていて全部が消えないようになってるそうです。私はあまりブレーカーについて詳しく考えた事がないのですが。

 

1個のスイッチで全ての電源のオンオフをする物だとばかり思っていました。ブレーカーが1つだとしたらもちろんテレビも電気も暖房も冷房も全部消えます。

 

 

switch_off

 

 

 

■冷蔵庫だけは電源を落とさないように注意

もし電源が切れたら照明と同じくらい困るのが冷蔵庫です。中身が溶けたり腐ったりして痛む事が考えられるので冷蔵庫は切らないようにしたいですね。

 

待機電力というのは僅かな金額ですが、全ての活動を休止して眠っている間も電気を消費していくと想像すると気持ちのいいものではありません。

 

気分的に0になれずにスッキリ眠れないというか。寝る前にはブレーカーごと切って寝ると気分的にもスッキリして快適な感じがしそうでちょっと憧れます。

 

男気たっぷりな感じのする荒業。面倒くさいから全部切ってしまえという感じでしょうか。電気0は、昔の戦後間もない時代にタイムスリップした感じですね。

 

 


おすすめ記事

関連まとめ

節約はどこに力を入れるべき? 家・車・固定費・消耗品・・

■求人倍率は改善されたが、将来的には心配 少し前に有効求人倍率が上がったとTVのニュースでやっていました...

100均の予備カレンダーがそれ以上の利益を生む

■SALEうまく活用してますか? 毎日を過ごしていると多くの人が物を作って売って生きてるので多く人の目に止...

ありきたりですが読み放題を利用して気がついた極力損しない方法

■月額サービス利用してますか? 最近は動画の見放題、本の読み放題、音楽の聴き放題などの月額定額制サービ...

おすすめされていたニトリの999円チップ枕を使ってみた

■お気に入りの情報源ありますか? 普段ネットでいろんな情報が出回っていますがお気に入りのサイトなどあり...

仏滅挙式がお得らしい 他にも割引がいろいろ

■結婚式に高いお金をかけても3組に1組は離婚 今回はまさかの結婚ネタになってしまうのですが、まだ未婚の人...

保温調理器でパスタを作ってみた

■保温調理器の人気が高い 食事関係の節約と言うと 水道を節水シャワーに変えたり、洗い桶を置いてその中に食...

3万円もするboseを使わずにノイズを減らし集中する方法

■音に過敏で集中できない人は多い 自分は集中力に欠ける人間です。自分でも自覚しています。なんというか意識...

Amazonの定期お得便15%割引にする方法とは

■通販使っていますか? 通販を使わないと生けていけないという人も多いと思います。高齢者は通販がないと買...

あなたの知らないお得な業務用スープの世界

■冬の飲み物はどうしていますか? さてマツコデラックスさんの 番組のようなタイトルをつけてしまいました。...

ヤフオクおまかせ出品とはどんなサービスなのか 実はメルカリよりお得?

■お得に生活するには・・ 金銭的にお得な生活をどうやって送るのかというのは重大なテーマ。まずはどうにか...